CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 「杉三反」田植えツアー! | main | たかしまいきもの田んぼ米TV >>
ばい菌って?
0
    ちまたで流行っているインフルエンザ。
    これはウイルスです。
    ウイルスとは寄生する生物を見つけて、生きていく寄生虫みたいなもの。

    菌は違います。
    言い方変えると、微生物。

    地球上で微生物がいなかったらこの世界は成り立ちません。
    微生物は死骸を分解し土にしてくれます、
    分解が無ければ食物連鎖が出来なくなります、
    死骸も、うんこもそのもままです。
    そうそう、原油・天然ガスなどの資源を作ったのは微生物。
    抗生物質だって微生物の力。

    生物の死骸を分解して土に戻す微生物は、
    土を肥やすという作業をしてくれるそうです。

    日本の機構は湿気が多く、菌にとっては好まれる場所、
    でもその菌は土を豊かにしてくれ、
    豊かな食材を育て、海も潤っています。

    美味しいお米が食べられるのは、
    微生物のおかげなのです。

    本当に美味しいお米!
    は、微生物が酵素の力で確り有機物を無機質に変え、
    それが稲に還元できている田んぼで栽培されたお米です。

    菌の力

    ばい菌なんて言ったらバチが当たります。

    あっもう当たっていますね、
    抗菌・除菌グッツなんかつかうから、
    菌バランスを崩し抵抗力が落ちて病弱になっちゃうのでしょう。






    | 美味しいお米を食べる方法。 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック