CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 雇用と自給率 | main | ライフスタイルと自給率。 >>
たかしま生きもの田んぼ米 販売促進会議!
0
    昨日、
    たかしまの生産者と滋賀県高島市農業振興課の方、
    アミタhttp://www.amita-net.co.jp/担当者を交え、
    関東の「たかしま米」取扱店が集まり、
    今後、たかしま米という環境保全栽培米を、
    どのように販売し、その取り組みを広めていくかを、
    皆で知恵を出し合い、意見交換してまいりました。



    このお米のポイントは、
    三つの繋がり


    まさに
    近江商人の理念「三方良し」

    すべての人がハッピーになれば問題なし!
    という考えで栽培、販売しています。
    おっと!この繋がりの中でもっとも重要なのが生物たち!

    生物たちを指し置いて、私たちの豊かな生活は語れません。

    生物多様性 
    なじみの薄い言葉ですが、
    生物多様性条約なるものがあります。

    ようは
    人類は様々な生きものによって支えられているのだから、
    その生息環境を持続可能な状態にして、
    保護しながら利用させてもらうという条約です。
    ちょっと都合がいい気がしますが・・・

    たかしま米の田んぼには、
    絶滅危惧種のナゴヤダルマガエルやチュウサギが沢山生息しています。

    この生物たちを保護するには、
    完全無農薬、有機肥料栽培の田んぼが必要です、
    その手入れに手間隙惜しまず一生懸命お米を作る農家さんも必要です。
    でも一番大切なのは
    そのお米の意味を理解して購入してくださる、
    応援してくださる消費者の皆さんが必要です。

    その消費者の皆さんにどのようにアプロチーしていけばいいか?
    価格的に安くはないし、有名産地でもない、
    ん〜頭が痛い・・・

    でも逆転の発想で、
    安くないから安心安全!
    有名じゃないから栽培にこだわる!
    (ブランド米は一生懸命栽培しなくても値段が付くから努力する生産者は極少)
    生物が沢山いるということは栽培環境が汚染されていない!

    様々な事が話し合われました、
    印象的だったのが、
    みなさん、それぞれの立場で協力し、
    この取り組みを全国に広めていこうという意気込みでした。

    7月に産地視察しに行く事にしました。
    この視察は沢山の生きものがいる田んぼを見る事と、
    お米の生育具合、栽培状況を確認しに行きます。
    もちろん懇親も兼ねて。
    もし一緒に行って、体験してみたい人がいましたら、
    一緒にお連れします。

    そして、このお米の購入代金の一部を、
    ビオトープなどの資金に充てていくことも検討しています。
    是非、環境保全にご協力を!


    | 「たかしま生きもの田んぼ米」 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/926038
    トラックバック