CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 議員会館 | main | 大山千枚田 >>
kounotori共生物語
0
    「僕達の今の暮らしは持続可能?」

    コウノトリを視察し、豊岡市の自然を肌で感じ、
    豊岡市長の話を聞き、僕が感じた事。


    絶滅種を復活させ野生に復帰させた。
    これは国際的評価の高い事例、
    何十年何百年という壮大なプロジェクト、
    そこには人間の生活も有り産業も経済も共鳴している。

    正直、環境と経済は相反する物だと頭でっかちになっていた僕には、
    結構衝撃的事実であった。
    そして「環境経済」を力説する市長の目は星飛馬のと同じ目をしていた。

    都会に住んでいると自然と不自然が入り乱れ、
    何が自然だか良く解からなく生活している。

    不自然なのに自然に生活できてしまう都市生活、
    自然のリズムが全く感じられない、
    音痴な唄を聞かされ居心地が悪いのと同じ、
    そのストレスから来る心の歪。

    なぜ僕は自然の中に身を置きたくなるのか、
    最近その理由がだんだんと分かってきた、

    僕達が忘れてしまった物、
    豊岡にはそれが有るのかもしれない。

    そして豊岡の人々はそれを守り後世に伝えていく事に気付いたのかも、
    時代というリズムに逆らう事無く。
    | むさしの食と環境プロジェクト | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック