CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 『コウノトリも共に生きる事の出来る』という意味 2 | main | kounotori共生物語 >>
議員会館
0
    豊岡コウノトリ市長講演会の打ち合わせを,
    議員会館で土屋代議士交えて行ってきました。

    衆議院第二議員会館、
    国会議事堂の真裏にあります。
    始めての体験です、
    日本の中枢に、
    このような形で訪問する事になるとは
    思ってもいませんでした。

    警備は厳重で、
    いたる所に警備員が立っています、
    通行書が無いと全く出歩けません、
    9.11がら警備が厳重になったそうです。
    入館する時は、航空機に搭乗する時と同じです。

    ついでに国会議事堂を見学、
    大概の方は小学生時の社会科見学で訪問してるかと思いますが、
    この歳での国会議事堂見学はなかなか楽しいです。
    政治は生活と遠い感じがしますが、
    私達の生活を左右する大切な問題を決める場所、
    見学しながらそんな事を思いこの場所で色んな事が決まって行くのか〜と思うと、
    厳粛な気持ちになりましたね。

    人にはそれぞれ役割があり、
    立場があり、
    それをこなす事が次世代への橋渡しになって行くのだな〜、
    な〜んて歴史感じる国会議事堂を見学していて
    ちょっとセンチメンタルになってみました。
    | むさしの食と環境プロジェクト | 09:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    この歳になってからの国会議事堂見学、面白そうですね。
    おいらも行ってみたいっす♪
    | もりし | 2008/04/18 12:49 PM |
    なかなかこの歳になってから行く事無いですからね、
    それに、年を重ねてから改めて見学すると違いますね、
    入ってくる物が。
    貴重な体験でしたよ。
    | kin | 2008/04/18 1:38 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック