CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 新米。 | main | 癒されたい人に! >>
醗酵の力。
0
    先日、ヒーリングフードセミナーに参加してきました。

    お米と味噌の大切さを学びに。

    お米業界とは全く関係無いセミナーだったので、
    視点が消費者側でなんか新鮮でした。

    CMは・・・
    「ヒーリングフードの基本コンセプトについて
    ヒーリングフードの基本食【ごはん&味噌汁】
    玄米について(ACO)
    お味噌について(石井味噌店 石井専務)
    お味噌の試食

    ゲストの、信州・松本の老舗味噌醸造元の石井味噌店・専務、石井康介さんに、お味噌についてのお話をいただきます。
    伝統の味噌製法のこだわりや、天然熟成味噌のヒーリングパワーについてなど、魅力的な味噌のお話をいただきますので、どうぞお楽しみに♪

    ウワサの三年熟成味噌の試食も!
    伝承の天然熟成味噌の、ヒーリングパワーを是非体感してみてください!!」

    との内容。

    お米もしかり、醗酵に興味の有る者としては外せない内容。
    ヒーリングフード。

    ご飯と味噌汁は、現代の様々な問題を解決してくれる食べ物、
    現在の問題を今思いつく限りあげてみると、
    成人病や癌、ミネラル欠乏性、精神障害、自給率低下、グローバリゼーションによる輸送CO2排出、農業後継者問題。
    これらの問題は必ず解決する事が出来きます。
    何故なら!
    ちゃんと裏付け有るからです!!

    とにかくヒーリングフードのコンセプト、
    楽しく正しい食事は、心も癒され体も健康に。
    凄く大切な事だと思います。

    そして味噌!
    醗酵食品の王様!!!?

    日本人って凄いですよね、微生物が科学的に証明される前から
    微生物の力を借りて醗酵を上手く食に利用してきたのですから。

    天然醸造味噌はジックリと自然の力で時間をかけて醗酵させた、
    ミネラル満載のスーパー食品。
    大量生産されてる味噌は人工製造らしいですから、天然醸造の味噌を選んでくださいね。
    自分で醸造するのもいいですね、味噌は簡単に出来ます。
    材料は、大豆、塩(天然塩)、米麹or麦麹

    とにかく石井専務のお話は凄く参考になりました、
    「味噌は人間が作るのではなくて蔵に住み着いた微生物が作ります」
    と、以前訪問した「寺田本家」の酒蔵の社長「宮醤油」の社長と同じ事を石井専務が言ってたのが印象的でした。

    醗酵。
    地球上に微生物が誕生したのは35億年前。
    これを1月1日とすると人類誕生は12月31日PM11:50だそうです。
    私達は微生物の恩恵に授かって今の生活が成り立っています。
    資源、薬品、食物連鎖、地球上の生命、全ては微生物のおかげ。

    私達人間は微生物に感謝し、消費の意味を考え直さなければいけない、
    そんな節目に来ているのかもしれませんね。


    そうそう、
    ACOさんが本を出します。
    健康になりたい人、特に女性にお勧めの本だそうです。
    健康といっても見た目や、形、マーケティングに囚われるのではなく、
    本当の意味で健康になれる本です。
    詳細は後ほど・・・・。
    | 行って来ました! | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック