CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 店舗改装に向けて | main | 甘さのヒミツ  >>
ごはんの時間
0



    http://www.neuro-cafe.com/

    昨日は第3木曜日
    「ごはんの時間」です!

    今月のお題は「味噌作りと醗酵」

    ニューロカフェ吉祥寺のスタッフさん、
    そして毎月自宅で味噌教室を行っているようこ先生に協力いただき、
    上田学園の校舎を借りてのセミナーでした。

    前半は味噌作り



    あらかじめ、上田学園の生徒さんが大豆の浸水、
    煮ておいてくれたので、当日は大豆を潰して、
    麹と塩を混ぜるだけ。



    コネコネを楽しいみながら、



    空気を抜いて完成。

    あとは熟成をまつだけ。

    そのあと、駒ケ根の林さんコシヒカリ(ハヤシライス)を、
    九州の風味抜群の海苔で巻いたおにぎりと、
    ようこ先生自家製味噌のトン汁を食べながら。

    醗酵のお話

    醗酵を身近に感じ、
    日本人でよかった〜
    と思える醗酵文化を感じてもらいました。



    次回は3月20日

    「日本の食文化と歴史1」
    一昔前のおにぎりを食べながら、
    昔の食の歴史を感じてもらいます。

    | 食生活セミナー | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105354
    トラックバック