CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 酵素のなぞ? | main | ごはんの時間 >>
店舗改装に向けて
0
     2月10日より店舗を改装する事になった。

    ずーっと温めるきた構想がやっと具体的に。

    お米屋さんって言うと、
    お金持ちのイメージがあるのか、
    小さい頃から「いいね〜」と言われてきた。

    でも、この意味が僕には全く分からなかった。

    これは米屋として仕事を始めて分かった事だが、
    お米は昔、政府の管理下で生産管理され配給されていた、
    そこで、昔からいる地主が信用によって権利を得て、
    商売をしていたという。

    ただ、その地主でもスタンスが違う、
    真剣にお米の商売をしている人から、
    片手間で営んでいる人。

    中には地主とは関係なく戦後の配給制度からの流れで開業したお店もある。

    それが当店だ。

    だから、「いいね〜」の意味が理解できなかった。

    ただ、平成6年までは食量管理法という規制に守られ、
    権利商売と言う殿様商売ができた。

    確かにいい時代だったのかもしれない。

    しかし、これが今では業界の衰退に繋がっている。

    私の両親も利権商売の感覚がいまだに染み付き、
    それが販売に影響している事は確実にいえる。

    でも、そんな事を言ってはいられないので、
    店舗改装し、一般的なお店として営業を再開する。

    営業内容は今までと変わらないが、
    「おにぎり」部門を新たに開設するつもり。

    不安と楽しみが交差し、
    毎日慌しい日々を送っている。
    | 独り言・・・ | 12:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    先日シャケのおにぎりをお店で購入させて頂きましたが、良いシャケを使っているなと思っていたら、築地の良いものをお使いなのですね。お米の炊き具合も良くて、確実にコンビニ等で置いてある物よりかなり上等なおにぎりだと感じました。もしこれを井の頭公園前の坂道で売ったら、かなり売れるでしょうね。これからもちょくちょく買わせて頂こうかと思います。
    | Tri | 2014/04/27 12:50 PM |
    Triさんコメントありがとうございます!
    最近忙しすぎてブログから遠のいていたらコメントいただいていたの見逃していました。
    すみませんでした!
    お結びは美味しくて、食べていただく人の体のことも考えて作っています。そうするとおのずと具材は手作りになってしまい、手間がかかり、仕込みの時間が増えてしまいました。ただ品質は落としたくないのでこれからもがんばってこしらえます!
    今後もよろしくお願いいたします!
    | kanai | 2014/06/18 7:25 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105353
    トラックバック