CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< いつになっても | main | 農産物は農家さんの芸術品 >>
小児食生活アドバイザーとしての初セミナー
0
     昨日、ニューロカフェさんが主催してくれ、
    http://www.neuro-cafe.com/

    「現代人の食生活と習慣病」

    というディスカッション形式のセミナーを開催する事ができました!


    小児食生活アドバイザー取得者として、ありがたい限りです。

    「人に食生活を伝えることが目的」
    ですから、たんなる肩書き用の資格ではなく
    得意に高いハードルが設定されています。

    当日は月末の金曜日と言う事もあって、
    仕事で来られなかった人や、体調を崩された方もいて、
    少人数でのセミナーになりました。

    でも、これが逆にいい感じで、
    皆さんとの距離間が近く、
    質問や雑談を交えながらのセミナーができました。

    いま、凄い量の情報が蔓延していますよね。

    健康に関しての情報だけでもすさまじい量です。
    それに加え様々な肩書きが存在します。

    これが問題!!!

    消費者を惑わせる原因になっています。
    よって、総合的に見ると結構間違って発信されているのでは?
    と思うような内容がけっこうあります。

    だから、生活習慣病が減らないのではないか?

    「厚生労働省の2011年国民健康・栄養調査報告で糖尿病が強く疑われる人や可能性を否定できない「予備群」が合わせて27.1%と推計され、国民の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることがあきらかになった。」

    生活習慣病の人、増えています・・・・

    って、各言う私も「小児食生活アドバイザー」「おこめアドバイザー」
    といった資格認証を所持していますが、
    肩書き用の宣伝で取得したのではなく自分のスキルアップです。

    お客様に間違った情報を伝えられないですからね。

    逆に肩書きでレベルが分かるようになるかもしれませんね。

    そんな事も踏まえ、
    このセミナーを受講していただいた皆さんにも、
    なるべく正しい真実を伝えていくつもりです。

    知識が備われば偽りは簡単に見抜けるはず。
    そして、情報を捨てるすべを身に着けてもらうつもりでいます。

    惑わされず、悩まず
    ストレスを感じない、
    溜めない食生活を皆さんが送れるよう、

    私もさらに勉強していきたいと思います!
    | 食生活セミナー | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105350
    トラックバック