CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< ネット社会を考える | main | いつになっても >>
食育の本当の意味って!?
0
    食品偽装って昔からありますよね。

    食品の表示偽装だけではなく、
    誤解を招くような表現を使った商品や、
    トクホでも「えッ!?」
    といった商品が横行しているように思います。

    ネットでは完全に商業目的と思えるような囲い込み商法が
    盛んに行われているのに「いいね!」と。

    「いいもの」

    この概念は様々だと思いますが、

    そもそも、不健康になるような食生活では
    「いいもの」ではなく「悪い物」のように思います。

    こんな時代だからこそ正しい選択が出来る知識を身に付け、
    食品からの健康リスクを回避する必要があるのでしょう。

    みんなが健康であれば、
    医療費が少なくてすみ、
    消費税の増税は必要ないのではないでしょうか。


     11月29日(金)

    http://neuro-cafe.com/2013/11/syokuiku.html


    食に関しての様々な話を、
    小児食生活アドバイザーとして、
    吉祥寺のレンタルスペース「ニューロカフェ吉祥寺」にて行います。

    ニューロカフェ吉祥寺のスタッフの好意で行うことができました。

    これからの時代、漠然と不安でいるよりも、
    惑わされない賢い消費者になる方が懸命ですよね。

    お時間のある方は是非お立ち寄りください。

    | 日本人として食を考える。 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105348
    トラックバック