CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 楽しい仕事 | main | 食育の本当の意味って!? >>
ネット社会を考える
0
    昨日、うれしい事がありました!

    お客様に「ブログ見ているよ!」

    でも同時に気が引き締まりましたね〜。

    大切な事は、
    言葉に責任を持つ事を忘れてはならない。

    だと改めて思いました。

    ネットの情報発信媒体が多様化してきた昨今、
    その活用方法も様変わりしてきていると思います。

    そんな最中
    http://www.shinchosha.co.jp/book/610530/
    「ネットのバカ」
    という本を読みました。

    これ、とても面白い本だと思います。
    なるほど〜!そういうことね〜!と、
    1日で読んでしまいました。

    ブログ、ツイッター、フェイスブックなどなど、
    いまや性格の違う発信媒体の多様化は目覚しい物があります。

    だからこそなんでしょう。

    その発信者がしたい本当のことを理解したうえで、
    情報を精査することが大切なんだと思いました。

    この本の帯に
    「実もフタもない現実を直視せよ!」
    と書かれています。
    読み終わるとこの意味がよく分かります。

    情報はいかに捨てるか。
    それによって必要以上に惑わされなくなるのでしょうね。

    受け取る側も、発信する側も。
    | 独り言・・・ | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105347
    トラックバック