CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 「杉三反」稲刈り出来ず! | main | 楽しい仕事 >>
新米と古米
0
    新米!

    秋は収穫の時期。

    今年は平年並みの収穫になる見通しです。

    ただ、ここで問題が・・・

    24年産のお米が余っていて、
    農家が処分に困っているそうです。
    24年産=古米です。

    販売側は1年間24年産米の仕入れ価格が高くて困っていました。

    原因は農協の集荷能力低迷です。
    昨年、農協がお米の買い入れ価格を上げてしまったのです。

    当然、生産者は100円でも高く買ってくれる所に出荷しますが、
    需要と供給のバランスで価格が決まったわけではないので、
    売れ残り続出となりました。

    お米の価格は農協主導の相場で動くシステムになっているのです。

    問題ですね。

    いまは農家が直接販売できる環境です。
    流通ががらりと変わった今の社会システムに、
    農協もあわせないと健全経営には至らないような気がします。

    やっぱ、この業界、
    利権からは脱せないのかな〜
    | 独り言・・・ | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105345
    トラックバック