CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 賢い消費活動とは?! | main | 商売とは・・・ >>
お米の新品種がデビューするまで
0
    最近、新しい名前のお米が注目を集めています。

    その理由の一つに、
    21年産米より品種銘柄の設定方法が見直され、
    少量の品種でも検査を受けられるようになた事が上げられます。

    検査を受けると品質や銘柄をJAS規格に沿って、
    食品表示する事が出来るようになります。

    よって産地は差別化を図りやすくなった、
    という背景があります。

    今話題の「ゆめぴりか」は、
    北海道の川上農試験所で平成19年に誕生しています。

    「つや姫」は
    山形県農業総合研究所センターで平成20年に誕生しました。

    誕生したという言い方は少し語弊がありますが、
    正確には世の中にデビューしたと言う事です。

    つや姫を例に見てみましょう。

    育種が始まったのは平成10年。
    亀の尾という品種とコシヒカリの系統を受け継いでいる、
    父:東北164号・母:山形70号の掛け合わせです。

    雌しべに違う品種の雄しべを交配させる一般的な育種法で、
    交配育種とういう方法で育種されました。

    長い年月をかけ、優良種だけを選抜し種を固定させます、
    デビュー前は山形97号と地方番号が付いていました。

    今から5年前になりますが当店と取引のある農家さんが、
    山形県農業総合研究所センターに連れて行ってくれたときの写真です。




    正面左の一画がデビュー前の「つや姫」です。

    農家さんが
    「山形県庄内で育種している注目の品種がこれだよ、
    コシヒカリに負けない食味のお米らしいね」
    と、期待感を秘めた表現で話していたのを覚えています。



    この他にもいろんなお米が育種されています。

    このように、各県には新品種を開発する試験所があり、
    交配育種による新品種は険しい道のりを経て世の中に旅立っていくのです。

    しかし・・・

    お米(うるち米)の品種は数百種類

    その中でも日の目を見るのは氷山の一角なんですよね〜!

    それでも日本で栽培されているお米の中で
    群を抜いて栽培量が多いのが「コシヒカリ」です。

    それに、新品種で登場しているほとんどの銘柄米の系統は、

    「コシヒカリ」です。

    腐ってもコシヒカリ

    業界ではこのように言われています。

    この品種を越すお米「つや姫」と期待されデビューしたお米。

    これからどのように育って行くのか楽しみでもあります。


    さて、

    このほかにも品種の作り方はいくつかあります。

    次回その品種の作り方を書きたいと思います!

    TPPで遺伝子組み換えの脅威が迫っています、
    「種子ビジネス」
    知っておいたほうがいいかと思いますよ。
    | okome | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105325
    トラックバック