CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< うなぎも安心できる社会 | main | 見えない存在 >>
農業もイメージ戦?
0
     昨年行けなかったので、今年は行ってきました


    会場には日本全国の農協が集まります。
    農協といっても各県にいくつかあり、その地域で独立しています。
    そのため様々な流通ルートで名産品を販売しています。

    会場はこんな感じで結構にぎわっていました。


    中には農協以外のグループ企業も出展されています。
    ちょっと目を引いたので写真を撮らせていただきました。
    茨城の食品会社の商品です。

    黒い方は激辛、赤い方は普通、
    黒い方を試食させていたきました。
    かなり辛いです!30分は口の中が激辛状態でした。
    テイストはなかなかで、イメージより上でした。


    これは宮崎県の経済連さん


    これは石川県のJAさんの商品


    最近言われる、
    生産から加工までという6次産業化が進んでいる傾向でしょうか、
    レトルトなどのや加工品率が高い気がしました。

    これは丹波のJAさんの黒豆
    パッケージが可愛いですね。


    いま話題の「くまもん」キャラノベルティーです。


    デザイン性やイメージを確立する手法が、
    いまや農業界でも常識となってきています。
    これは販売に本腰を入れてきたという現われでしょう、
    農協グループも競争原理を感じてきているのでしょうね。

    北は北海道から南は沖縄までの名産品が出展されていて、
    会場には沢山の各産地の名産品が並んでいました。

    少し残念だったのは、
    栽培に関しての質問には、
    なかなか対応しきれていないブースもありました。
    生産者自身も参加していただけるとうれしいですね。

    さて、いくつかのブースで商談させていただきました。
    ただ、当店のスタンスに見合う商品かどうか、
    これから吟味して仕入れを検討したいと考えています。

    しかし日本の食材は本当に豊かですね!!
    | 行って来ました! | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105321
    トラックバック