CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< ハレとケの日 | main | 幸せを運ぶ日本の郷土料理 >>
百薬の長
0
    山でキノコを摘んできた。
    その中に笑茸が入っていたとする、
    さて、その笑茸を食べてしまったら・・・

    健康な体でドラックを服用した時、
    あきらかに体に負担がかかる。
    さもなければ取り返しの付かないことに発展する。

    では化学物質が添加されている食品はどうだろう?
    精神に異常をきたす調査結果が出ているにもかかわらず、
    あまり話題にならない。

    脱法ハーブ、
    合法だから大丈夫という考え方はいかがなものだろうか。

    「医食同源」

    人は先人の犠牲を、知恵や食文化、医療として育んできた、
    しかしノロやO157、鳥インフルエンザなどの脅威を考えると
    その犠牲がおざなりになっている気がする。

    資本主義社会では価値の優先順位が変わるのか。

    今年の大発会では日経平均が高値続伸で始まった、
    景気も病気も気持ち次第、
    しかし百薬の長も飲みすぎれば毒になる。

    ほろ酔い気分でも冷静沈着に、
    蛇を見習い後ずさりせず、
    しっかり地に足を着けて地道に前進すれば、
    おのずと道は開けていくのだろう。

    巳年なだけに。
    | 環境・経済・社会問題 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105318
    トラックバック