CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 町工場ではありません! | main | ハレとケの日 >>
稔るほど頭を垂れる稲穂かな
0

    先日参加したセミナー後の懇親会で、こんな経験をさせていただきました。

    遅れて参加した私は、

    あわてて食事をしたために、

    おもわずお箸を床に落としてしまいました。


    私の真向かいに座っていた御年60前後の会社社長さんがすかさず「どうぞ」

    と余っていた新しい箸を差し出してくれました。


    それと同時に私の右隣に座っていた先生がお店従業員の方を

    呼び止めていました。


    どんな時も周りの状況を把握し心遣いをする、

    この時お二人の人生経験の深さが見えたような気がしました。


    人としてかくあるべし。


    そんな事を学ばせていただいた一コマでした。

    | 独り言・・・ | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105317
    トラックバック