CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 精米したての「お米」は美味しい!? | main | 若米会24年産コメ情報交換会 >>
今年最後の講義でした
0

    本日、

    上田学園にて今年から始まった1年間の講義日程が終了しました。

    一応こんな感じで行なってきました。

    5月 野外授業「田植え体験」(栃木杉山ファーム杉三反の田んぼ)

    7月 第1回「自身を見つめなおす」

     

    〇日本人は世界で一番健康で長寿、と言われているがほんと?

    〇人の食性と動物の違い

    〇ヒトとしての機能低下・生活の形・食生活とは

    〇人の起源と移動から数千年の歴史の中で培われた日本人の特性

    〇今と昔の生活習慣

     

    8月 第2回「食事と病気」

    〇動物と病気の関係

    〇ガンや心臓病、脳卒中やアレルギーなどの生活習慣病

    〇依存症 食品添加物や油、砂糖の影響

    〇虫歯は精神的な要因でなる?

    〇脚気という病気

     

    9月 第3回「日本人と食の歴史」

    〇自然と神とのかかわり

    〇五穀豊穣

    〇新嘗祭

    〇醗酵文化

     

    ◎野外授業「稲刈り」(杉山ファーム杉三反の田んぼ)

      

    10月 第4回「美味しいと脳の関係」

    〇美味しいと感じる時の脳

    〇やみつきと脳の仕組み
    ○出身地と食文化と脳の関係

     

    ◎補習授業 脱穀から精米を実体験

     

     11月 第5回 「現代社会の食料事情と日本人の食生活」

    〇自給率を考える

    〇アメリカの小麦戦略とマクガバンレポート

    〇農薬や遺伝子組み換え作物の現状

    〇栄養学と食育基本法

    以上


    田植え、稲刈り体験はかれこれ数年前から行っていましたが、
    今年から本格的に学校で講義をも兼ねた授業を開始。

    国際交流の多い上田学園の生徒さんに、
    日本人として胸を張って母国のよさを伝えられるような、
    そんな授業を考えカリキュラムを組んで行ってきました。

    日本って気候に恵まれ、食べ物に恵まれ、
    ゆえに、人は心までが穏やかなに育つように思います。

    しかし、そんな日本の良さが、
    いま壊れてきているように思います。

    ちょっと立ち止まって古き良き文化を見つめなおす。

    そんな事を一瞬でも思っていただければ。
    という授業でした。

    来年からは、一般参加OKとなります。
    授業もそのつもりで組み立てていく予定でいます。

    スタートは2月から

    まだ具体的なカリキュラムは考えていませんが、
    おコメを中心に日本食文化を一緒に考えていけるような、
    ちょっと濃い目の授業を行なっていければと思います。

    お時間のある方は是非ご参加くださ〜い

    | 上田学園の授業  | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105313
    トラックバック