CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 美味しい新米の食べ方選び方 | main | 今年最後の講義でした >>
精米したての「お米」は美味しい!?
0
    当店では、いろんな産地、銘柄のお米を試せるように、
    使いきりのお試し2合(300g)パックを販売しています。


    現在では新米が出揃いましたので、
    『お試し新米パック』で販売しています。

    写真は23年度産のお試しパック、
    よって前年に収穫されたお米『古米』となります。

    その2合パック『つや姫』が2個余っていたので
    自宅に持って帰り・・・・

    かれこれ数ヶ月が経ち

    先日、
    「あれ?これまだ炊いてなかったっけ?」


    精米年月日(必ず表記する賞味期限のようなもの)
    を見たら"24年7月24日"

    精米してパック詰めしてから3ヶ月以上経過・・・

    おいおい・・・

    ん?まてよ。

    「そうだ、試しにこれだけで炊いてみよう!」

    実験好きな私は、
    以前、精白したお米を2ヶ月以上保管しておいて、
    試し炊きした事があります。
    若干水分が蒸発しているせいか固め?
    という「印象」を持ったのですがテイストは全く問題ない!!
    という結論に達しました。

    そして今回は、

    『密閉度が高いパックの中に入っている精白米の劣化はどう!?』

    という観点での炊飯実験



    あれれれ?
    ツヤツヤで米粒が一つ一つ立っているではないか!
    綺麗な米だなぁ〜という印象。

    そして口の中に含み・・・普通に、旨い。
    ねばりもある、硬さは丁度いい。
    つや姫という品種だからなのか?

    家内「これ古米なの?!ぜんぜんわかんないね!」

    【結論】

    保存がよければ、精米してから3ヶ月以上経過しても美味しく食べられる!!
    しかも古米が!

    白米の食味を落とす一番の原因はヌカ層の酸化です。
    よく、「精米したてのお米下さい」という方がいらっしゃいますが、
    完全に先入観やイメージですね。
    お米屋さんにある3馬力以上の精米機は一昔と違い技術とパワーが違います、
    ちゃんと掃除とメンテナンスしている機械限定ですが、
    精米して1〜2ヶ月以内であれば問題ありません!!

    よって
    精白したてのお米が美味しい ×
    精白したお米は精米方法と保存状態で劣化速度が違う 〇

    ちなみに、パワーの少ない家庭用精米機では話は別で、
    ヌカ層の削りが粗いので酸化が早いと思います。
    精米してから1ヶ月以内で炊飯しないとボソボソ感が強くなるでしょう。
    (実験済)

    お米の味は、
    産地、栽培環境、銘柄、栽培方法、その年の天候、乾燥方法、
    保管、精米方法、精米機性能、精白米保管、水の硬度、洗米方法、
    浸水時間、炊飯方法、蒸らし、拡飯、盛り付け。

    と、これだけの過程がテイストを左右する要因となります。
    今回のお話は精白米保管限定ですが、
    お米一つでこんな事言ってるのは日本人だけかもしれませんね。
    でもそんな繊細な舌を持っているからこそ日本の食文化が発展したのでしょう。

    美味しいお米を食べた瞬間、
    四季がある日本で生まれてよかった〜
    と感慨にふけるのは私だけでしょうか。
    | 美味しいお米を食べる方法。 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105312
    トラックバック