CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 栃木県塩谷 「夢ごこち」 「尚仁沢」 「杉三反」産地レポート | main | いじめって・・・ >>
杉三反・稲刈りの体験ツアー
0
     

    毎年の恒例行事となった「杉三反」の稲刈も、
    今回で6回目?を迎える事ができました。

    毎回の事で私的には何の驚きもなくなってしまったのですが、
    稲が凸凹してるの分かりますか?
    これは3種類の違う品種を植えているために、
    それぞれの竹の長さが違うからです。



    通常の田んぼではありえない光景です。
    異品種を同じ田んぼに植える事など無いので当たり前ですが。

    ちなみに、
    「なすひかり」という品種が、
    倒れそうな「コシヒカリ」と「夢ごこち」を支えている感じです。

    稲が倒れないと、味に大きく影響するのでしょう、
    毎年お客様からは好評を得ています。

    上手い具合に品種の特性を3種類のお米が支えあっている、
    稲も人も支え合いが大切!と言ったところでしょうか。




    さて今年もサクサクと手刈り開始!



    そこにガーっとコンバイン。



    ん〜あっという間に隣の田んぼは半分刈り取り終了。
    コンバインの中に溜まったお米を吐き出して、
    さらに刈り取りをします。



    コンバインも体験させていただきました!
    車の運転と勝手が違うので少し戸惑いますが、
    皆さん楽しんでいましたね。



    手刈りした稲は持ち帰り、
    上田学園で、乾燥、脱穀、もみすり、精米、と一連の作業を行い、
    補習授業しようと思っています。
    ちなみに米袋は当店持参ですので産地表示は全く関係なしです。



    今年も楽しく稲刈りができました。



    今月末〜来月上旬には「杉三反」新米が届く予定です。

    「杉三反」を食べる事ができるカフェ、
    武蔵境のカフェジータさんの稲も、
    もうすぐ刈り取りです。
    | 「杉三反」 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105307
    トラックバック
    役立つブログまとめ(社会貢献): 栃木県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
    栃木県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
    | 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2012/09/21 2:38 PM |