CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 新米時期は忙しい | main | 杉三反・稲刈りの体験ツアー >>
栃木県塩谷 「夢ごこち」 「尚仁沢」 「杉三反」産地レポート
0
    「杉三反」の田んぼの近くに、
    尚仁沢湧水 

    名水百選に選ばれている、
    とっても綺麗な水が湧き出る場所があります。


    ちなみにこれは先週末、
    尚仁沢湧水遊歩道の途中をiPhoneで写した写真です。

    「杉三反」田植えや稲刈りに行くと、
    参加者と一緒に必ず訪れる場所です。

    スマホでも、これだけの綺麗さが伝わってくるのですから、
    実際に歩いてみると、
    なんともいえない爽快感と癒しが体感できます。

    今回初めて来られた皆さんも驚かれていましたよ。


    片道1.2kmの距離ですが結構アップダウンがあり、
    湧き水の場所までは徒歩約20分くらい、
    往復約40分の工程です。

    今回は、いまにも雨が降りそうな天気だったので、
    危険を考慮し遊歩道の途中で引き返して来ました。

    残念!

    そんな自然の恵みをふんだんに受けた湧水が流れ込む、
    大変肥沃な田んぼで栽培されているお米が、

    杉山ファームの
    「尚仁沢コシヒカリ」・「夢ごこち」・そして「杉三反」です。

    今年もおいしそうに実っていました!

    しかし、
    政府はとんでもない事を言い出しましたね!!
    栃木県矢板市に「放射性物質最終処分所建設」と。

    尚仁沢にも少なからずとも影響は出るでしょう、
    下流に住む皆さんも人事では済まされない、
    こんな自然豊かな場所にとんでもない話です。




    さて、次回は「杉三反・稲刈りの体験ツアー」レポートへとつづきます。

    | 産地視察レポート | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105306
    トラックバック