CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 寿司に合う「シャリ」とは・・・ | main | 講義 第2回目 「食事と病気」の関係 >>
お祭り後の反省 
0
    7月26日27日、
    公園通り商店会と大正通り商店会が毎年行なうお祭り、
    『第38回 吉祥寺ふれあい夏祭り』
    が開催されました。

     

    実行委員として携わるようになり数年になりますが、
    年々来場者数が増え、規模が大きくなってきているように感じます。

    地域振興の目的で始められたお祭りですので、
    縁日に出店しているお店は全て町会の会員さん+α

    場所柄、飲食店経営の会員さんが多いいだけに、
    出店品は安くて美味しいくプロの味。
    ゲームコーナーは金融機関の会員さんが
    毎年手伝ってくれます。

    イベント会場では、
    地域の学生や吉祥寺音楽祭のグランプリバンド、大道芸など、
    地元の様々な分野で活躍しているアーティストに出演して頂き、
    発表の場として使っていただいています。

    ただ、来場者が増えることはいい事なのですが、
    飲食スペースやゴミの問題が出てきます。
    そして近隣商店への配慮も欠かせなくなってきます。

    近隣商店やビルの出入り口付近で飲食し、
    そのままゴミを放置していく人が増えているために、
    今年からこのようなPOPを様々な場所に貼り付けました。



    地域振興なのに、
    近隣住民や商店に迷惑をかけては意味がなくなってしまいますし、
    振興にはなりません。

    そこで、東急さんの好意で今年より新たに飲食スペースを設置しました。
    実験的な要素がありましたが色々と課題が見えました。
    このスペースを有効に使えるようにするのが来年の課題です。

    来場者も近隣の迷惑にならないよう、
    節度有る対応に協力して頂き、

    持続可能なお祭りにしていきたいと思います!
    | 独り言・・・ | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105296
    トラックバック