CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 富山県入善町「農事法人源 訪問レポート」その2 | main | 寿司に合う「シャリ」とは・・・ >>
フリースクール上田学園にて第1回目の講義
0
    いよいよはじまりました「かない米店食育講座」

     昨日、当店の近所に有る「フリースクール上田学園」にて
    約2時間、第1回目の講義を行なってきました。

    お米の話、と思われるかも知れませんが、
    お米を語るとき、日本人の食文化、食から見た歴史、
    動物学的な見解や生活習慣までを考慮しないと本質が見えない!

    と個人的に思っています。

    ということで、
    月に1回の講義と稲刈り体験を含め、
    11月までに全5回の講義・実地体験1回のカリキュラムで行ないます。


    第1回目は「日本人として客観的に自信を見つめなおす」
    というタイトルでお話させて頂きました。

    内容を簡単に説明すると、
    いま、生活習慣病やアレルギーの人が多くなってきています。
    なぜ?
    文明開化や戦後急激に変化した日本人の「欧米食化」がキーワードです。
    日本という自然環境と、お米から築かれた様々な文化が、
    いかに日本人の遺伝子レベルで考えた体質に貢献していたか、
    いまに間違った認識で食事をしていないか?という内容です。

    しかし、
    教えるのって難しいですね、

    間違った事を教えると間違った知識が備わってしまいますから、
    教える方も真剣です。

    ですから義務教育にイデオロギーが存在すれば洗脳できる、
    納得です。
    先生という立場は重大な責任があるのですね、
    監視の目は必要ですが、
    先生を敬う気持ちは大切だと実感しました!

    今年一杯は学生向けの講義ですが、
    来年からは一般向けの講義も行なっていく予定でいます、
    興味のある方は是非いらしてください。

    次回は8月「食事と病気の関係」をお話する予定。
    | 上田学園の授業  | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック