CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 「美味しい」は「きもちいい」? | main | 「郷プロジェクト」始動に向けて >>
講師になります!!
0
    人生には上り坂、下り坂、マサカ!!

    よく聞くフレーズですが、

    そのマサカが…
    自分が先生になるとはね・・・
    人生って分かりませんね。

    まだ日程は決まっていませんが、
    当店近くにある「フリースクール上田学園」で
    講師になることが決まりました。

    一応生徒さんに授業として行なうので、
    これから年間スケジュールを立てて、
    カリキュラム作成に入ります。

    もちろん講義内容は「お米」から見た歴史から現代社会、
    そして食に関する様々な話です。
    間違った情報を伝えないよう、しっかり勉強しておかないと!

    ここの上田学園長と生徒さんたちは、
    毎年「杉三反」の田植えや稲刈りに参加いただいているので、
    屋内での授業は初となります。

    卒業生は国際的に活躍している方が多くいらっしゃるので、生徒さんが将来海外で日本人として誇りを持って自慢できる知識を、少しでも持ってもらえればいいかと思っています。

    お米の国ですから!

    すでに学園では先生扱いなのですが、
    いやしかし、先生という呼ばれ方、
    なかなか慣れませんねf^_^;)
    | 上田学園の授業  | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック