CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 米粉用米が供給過剰で価格低迷 | main | 「杉三反」の取り組みが業界紙に掲載されました >>
24年度産 「杉三反」 田植え体験終了!
0
    平成24年5月6日
    今年も田植え体験実施いたしました!


    微妙な天気予報でしたが、皆さん日ごろの行いがよろしいのか、
    田植えの時は天候に恵まれました。
    いつものように、農家の杉山さんにレクチャーいただき、
    田植え開始です。



    カフェジータ(武蔵境カフェ)のオーナー
    今年で3回目の参加となります。
    手馴れたものでサクサク植えていました。
    オーナー自ら植えたお米をカフェジータではお客さんに提供しています。
    この上ない究極の安心安全をお客様に提供していることになりますから、
    究極のカフェですね!


    田んぼには、こんな珍客も現れます。


    パレットの上で籾を発芽させこの状態まで育てます。
    これはちょっと伸びすぎの状態です。


    パレットを引き剥がして田植え機の背中にすべりこませます。
    ちなみに左から
    「コシヒカリ」「夢ごこち」「ナスヒカリ」「コシ」「夢」「ナス」「コシ」「ナス」
    と乱れ植え。
    しかしこれが稲を強くさせ、収穫時には互いが支えあう結果とになり、
    上質の粒を稔らせるのです!!!


    はがされたパレットたち。
    昔は木で作られていたそうです。
    改良に改良が重ねられ、
    今のような形に進化したそうです。


    これは隣の田んぼ、もちろん「杉三反」栽培圃場です。
    しかし、こちらは機械植え。
    みごと綺麗に植わっていますね、
    しかも数分でこの面積をクリアです。
    文明の力に驚愕。


    みなさんお疲れ様でした!


    次回は除草!!(もちろん手です)の予定です。
    7月中旬ごろですかね。
    | 「杉三反」 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック