CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< お米の買い方 選び方(1)  | main | お米の買い方 選び方(3) >>
お米の買い方 選び方(2) 
0
     さて、

    みなさんは、お米を買うとき、
    固定概念を持って買っていませんか?

    〇お米はコシヒカリが一番美味しい。

    〇お米は新潟が一番美味しい。

    〇価格が高い方が美味しい。

    〇精米したてが美味しい。

    〇粒が綺麗なほうが美味しい。

    〇新米が一番美味しい。

    などなど。


    これ全て間違えではありませんが、厳密には間違えです。

    まずお米の味は、

    産地・田んぼの状態・生産者・品種・栽培方法・天候・刈り取り時期・乾燥(水分量)・保存管理・精米方法・水・浸水時間・水加減・研ぎ方・炊飯方法・拡飯方法・盛り方・・・

    これらの要因で決まります。

    例えば、水だけ条件を変えた場合を考えてみましょう。

    軟水で炊いたお米は、しっとりふっくら炊き上がり、
    硬水で炊いたお米は、ポソポソでパラパラと、
    全く違う炊き上がりとなります。

    これは水の中の硬度の問題で、
    軟水の方が米粒の芯までより多く水を吸収する事が出来、
    芯からアルファー化することでふっくら炊き上がると言う理由です。

    しかし、中にはパラパラのお米が好きという人もいます。

    全ての人が美味しいと感じるお米。
    それはなかなか存在しない!そう思います。

    ですので、固定概念に囚われず自分の好みを知り、
    そのお米を探す事が重要になってきます。


    ではどのように探せばいいか、
    少しの知識でお米の選び方が変わる!
    それをお教えします。


    〇コシヒカリが一番美味しい?

    これは、あながち間違ってはいない、そう思います。
    しかし実はコシヒカリって栽培しにくい劣悪品種だったのです。
    コシヒカリが育種されたのは戦中です。
    実際、栽培試験所では廃棄処分になったほどの品種でした、
    ですので、美味しいから、
    ではなく様々な時代背景と偶然が重なって今に至っています。
    もしかしたら、ササニシキの種の流通が多くなっていたかもしれません。
    偶然が重なり、時代背景が劣悪品種だったコシヒカリを優良品種に変えた、
    と理解しておく事が重要です。


    〇新潟のお米が一番美味しい?

    そして、たまたま魚沼という地域がありまして、
    中山間地を切り開き開墾した田んぼは狭く大量生産に向かない環境でした。
    戦後の日本は質より量の世界でしたので、
    少しでも多く収穫する事が美徳とされていた時代、
    魚沼地域は非効率生産地区としか見られていなかったと思います。
    しかし、栽培条件、気候や栄養分が偶然にもコシヒカリの栽培特性にぴったりと合い、
    食味が重視されるようになってきた数十年前より注目され、
    新潟魚沼という名前が先行したと考えられます。

    ですので、新潟全てが美味しいと考えるのは少し強引で、
    その品種の特性に対してその環境がいかに合っているか、
    その品種の特性を出すように生産者がいに栽培しているか、
    これも美味しいお米を探す一つのポイントです。


    〇価格が高い方が美味しい?

    お米の価格がどのように決まるか、
    それは産地ブランドで左右される傾向が強く、味では有りません。
    おかしな事に、イメージ価格なのです。

    ですので、新潟が高く他県産はそれより安い価格帯となります。

    私の立場で言わせてもらうと、実はこれ、すごくラッキーだと思います。

    なぜなら、他県産には、新潟に劣る事の無い優良産地が沢山あり、
    特徴のあるお米、品種が沢山眠っているのです。

    そんなお米が新潟県というブランドイメージ価格より安いのですから、
    試してみる価値は十分あると思います。

    ちなみに、魚沼産と同等の品質、食味を持ち合わせる新潟県産米も有ります。
    当店ではそのお米を魚沼の4/3の価格で提供しています。

    しかし間違っても低価格のお米を買わないようにしてください。
    価格が安いと言うことは原価を下げる為に、
    低品質のお米が混ざっている可能性があります。
    目安は5kg2000円以上です。


    ここで少しまとめてみると、

    天候によって毎年出来が違うお米、
    「新米時期に品種や産地に拘らずに適正価格でいくつか試し購入する」
    これが美味しいお米を見つける一つのポイントになります。

    しかし、その素材を生かすも殺すもその後の対応変わります。

    素材を活かして10倍美味しくお米を食べる方法!
    と題して、次回につづく・・・

    | okome | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1105250
    トラックバック