CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 「つや姫」 | main | なやむ! >>
「玄米餅」黒米入り。
0
    玄米のお餅作ってみました!

    もちっこで搗いたので、
    少し歯ごたえのある搗き上がりになりましたが、
    なかなかいい感じです。

    まず、1日ごとに水を変え「もち米玄米」を2日間浸水させます。
    (浸水効率を良くするために玄米は軽く精米機でキズをつけてあります)
    2日に目にクロマイを混ぜ浸水。
    もち米2kgに対して黒米100g程度。

    浸水させていたもち玄米をざるに上げ水切りします。
    (お米を炊くときは水切り厳禁です!)


    ある程度水か切れたら40分〜50分蒸します。


    蒸しあがったらもちっこで搗きます。


    しゃもじでもちを抑えながらもちっこ動かしていると・・・


    つきあがりました!

    今の時期、気温が温かいのでなかなか固まらず、
    とり粉を使うとカビる可能性があるので、
    もち専用の袋にそのまま入れのしました。

    今回搗いて思ったのですが、
    気候や保存を考えると、やっぱりお餅は冬の食べ物だなーと実感。

    しかし!

    この後、羽二重もち米で餅搗いたら・・・
    歯ごたえといい、粘りといい、つやといい・・・
    絶品のお持ちが搗き上がり、驚きました!

    いやー旨いです。



    | 食道楽 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1082842
    トラックバック