CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< 遺伝子組み換え | main | 千葉で田植え! >>
杉三反 業界紙掲載。
0
    今年も 杉三反の取り組みを
    業界紙「商経アドバイス」に掲載していただきました。

    発端は若米会という会の有志で始めた企画。

    徐々にですが広がりを見せつつ、地道に活動しています。

    そんな活動を、商経新聞の記者さんは常に追ってくれ、応援してくれます。

    ですので、こちらの情報提供できる範囲ならいくらでも取材していただいて、記事にしていただいています。

    目的は、この取り組みが広く各産地で行なえるようになれば、
    日本の稲作農業の将来は明るいのではないか!
    という思いです。



    杉三反が自給率向上、日本食文化保全と継承に一役買えれば!
    なんて夢は大きく、地道な活動で取り組んでいます。
    | 「杉三反」 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック