CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
<< ローカル | main | 月9 >>
田圃自然再生活動コンクール。
0
    農林水産省の自然環境再生に取り組んでいる団体に贈る賞に、
    当店で取り扱っている
    たかしま生きもの田ぼ米のた「かしま有期農法研究会」が
    農村振興局長賞に。
    トキを育む郷米の「トキの田ぼを守る会」が
    環境省自然環境局長賞に選ばれました。

    このような取り組みを行なっている農家さんが、
    日本全国に広がって行く事が地方再生の鍵を握っているのかもしれません、

    ギャンブルみたいな株式投資ではなく、
    正当な価格で日本の農産物を買う事が、
    社会貢献となり、将来の日本国土再生へと繋がります。
    そしてCO2排出量25%削減は可能だと思います。

    お金を土に埋めても食べるものは稔りませんからね。
    食べるものが無ければ生きていけないし。

    これからは物欲を満たす賢いお金の使い方では無く、
    社会貢献の為の賢いお金の使い方が必要ですね。
    | 「たかしま生きもの田んぼ米」 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kanai-come.com/trackback/1047462
    トラックバック