CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
シンポジウム開催!
0
    今日、シンポジウムがありました。

    聞きに行ったのではなく、
    主催です。

    大変でした・・・今日までの道のり、
    でも盛況のうち終わりました。

    いや〜久しぶりにテンパリました!

    非営利で活動する事の意味、
    凄く大切で大変だという事と、
    シッカリした熱い思いが無いと成し遂げられないという事、
    勉強になり、学習しました。

    なんだか、少し成長したかなぁ?
    と思える一日でした。

    | むさしの食と環境プロジェクト | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    幸せ!
    0
      幸せって?

      コウノトリって、幸せを運ぶ鳥だったんです!!

      いやぁ〜7月1日のシンポジウムに向けて
      色々とコウノトリについて調べていたら、
      色んなことが分かってきました。

      一般的に赤ちゃんを運んでくる鳥として有名ですが、
      これはヨーロッパの言い伝えみたいですね、
      『幸せ=赤ちゃん』になったそうです。
      よい子は背中に、悪い子はくちばしに加えて湖(湿地)から飛んでくるそうです。

      コウノトリの鳴き声はクチバシを鳴らしカタカタと奏でます、
      その鳴き声が機織と同じような音がするので、
      「鶴の恩返し」
      実はコウノトリだったと言う説もあるそうです。

      コウノトリの数、
      日本だけでなく世界全体として見ても年々減ってきているそうです。
      絶滅の危険が高い動植物のリストをまとめた「レッドデータブック」でも、
      コウノトリは「絶滅危惧IA類(CR)」、
      ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種として指定されています。

      コウノトリが住みかとする湿地帯が世界的に少なくなってきたことも、
      その数が減ってしまった大きな原因であると考えられています。

      なぜ、コウノトリにとって大切な湿地帯が少なくなっているのでしょうか?
      その大きな原因の一つは、人間の活動が湿地をおびやかしているということ。
      人が湿地を埋め立てたり、
      コウノトリが巣を作る木(日本では松ノ木)を伐採したりすることが、
      湿地の破壊につながっています。

      農業の発展に伴って農薬や化学肥料が大量に蒔かれ、
      コウノトリのエサとなる水生小動物が少なくなっていることにも
      原因があるようです。

      またベラルーシのコウノトリのように、
      チェルノブイリ原発事故による射能汚染などが原因で病気となり、
      子孫を残せなくなった例もあります。

      コウノトリは生態系の頂点に立ちます。
      よって、生き物が沢山育む(生命を育む=赤ちゃん)ことができる、
      自然豊かな環境にしか住む事が出来ません、

      私達も自然からの恩恵を受けて生活しています、
      コウノトリが住める環境を保全することが、
      巡り巡って私達人間の幸せにつながると、
      幸せを一緒に運んで来るんだよと、
      コウノトリが教え、伝えてくれているのかもしれませんね。



      自然環境、生物多様性保全の大切さを
      消費者のみなさんに広く知ってもらう意味と、
      自然環境保護をお手伝いする意味も込めて、
      コウノトリの里、
      兵庫県豊岡でエコファーマーズが栽培した おこめ「コウノトリ米」
      取り扱うことに致しました!!!
      | むさしの食と環境プロジェクト | 11:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      お知らせ。
      0
        コウノトリ「絶滅と復活」の物語
        後援を頂いた日本野鳥の会のHPに
        シンポジウム詳細を掲載して頂きました。

        http://www.wbsj.org/event/stork.html

        みなさま是非おこし下さい!

        宜しくお願いします。
        | むさしの食と環境プロジェクト | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        食と環境シンポジウム
        0
          自然界に負荷をかけない取り組み、
          環境保全型農業と生物多様性、
          そして経済との共鳴。

          地球がなくなったら、大地が汚れたら、
          食べるものがなくなり、私達は生きていけなくなります。

          基本的な事なのに、基本的な事を忘れてる、
          という、考えなくていい環境になっている人間社会。

          自然と共存する為に必要な事、
          そんな事を考え、
          今後のヒントにしてもらいたく企画したシンポジウム。

          コウノトリ『絶滅と復活』の物語



          2008年7月1日(火)午後6:30(6:00開場)
          武蔵野スイングホール
          武蔵境駅北口徒歩2分。

          兵庫県豊岡市の市長 中貝氏をお招きし
          自然との共生のお話をしていただきます。

          主催は「むさしの食と環境プロジャクト」
          一応ワタクシが代表です。

          時間のある方、是非いらしてください。
          | むさしの食と環境プロジェクト | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          kounotori共生物語
          0
            「僕達の今の暮らしは持続可能?」

            コウノトリを視察し、豊岡市の自然を肌で感じ、
            豊岡市長の話を聞き、僕が感じた事。


            絶滅種を復活させ野生に復帰させた。
            これは国際的評価の高い事例、
            何十年何百年という壮大なプロジェクト、
            そこには人間の生活も有り産業も経済も共鳴している。

            正直、環境と経済は相反する物だと頭でっかちになっていた僕には、
            結構衝撃的事実であった。
            そして「環境経済」を力説する市長の目は星飛馬のと同じ目をしていた。

            都会に住んでいると自然と不自然が入り乱れ、
            何が自然だか良く解からなく生活している。

            不自然なのに自然に生活できてしまう都市生活、
            自然のリズムが全く感じられない、
            音痴な唄を聞かされ居心地が悪いのと同じ、
            そのストレスから来る心の歪。

            なぜ僕は自然の中に身を置きたくなるのか、
            最近その理由がだんだんと分かってきた、

            僕達が忘れてしまった物、
            豊岡にはそれが有るのかもしれない。

            そして豊岡の人々はそれを守り後世に伝えていく事に気付いたのかも、
            時代というリズムに逆らう事無く。
            | むさしの食と環境プロジェクト | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            議員会館
            0
              豊岡コウノトリ市長講演会の打ち合わせを,
              議員会館で土屋代議士交えて行ってきました。

              衆議院第二議員会館、
              国会議事堂の真裏にあります。
              始めての体験です、
              日本の中枢に、
              このような形で訪問する事になるとは
              思ってもいませんでした。

              警備は厳重で、
              いたる所に警備員が立っています、
              通行書が無いと全く出歩けません、
              9.11がら警備が厳重になったそうです。
              入館する時は、航空機に搭乗する時と同じです。

              ついでに国会議事堂を見学、
              大概の方は小学生時の社会科見学で訪問してるかと思いますが、
              この歳での国会議事堂見学はなかなか楽しいです。
              政治は生活と遠い感じがしますが、
              私達の生活を左右する大切な問題を決める場所、
              見学しながらそんな事を思いこの場所で色んな事が決まって行くのか〜と思うと、
              厳粛な気持ちになりましたね。

              人にはそれぞれ役割があり、
              立場があり、
              それをこなす事が次世代への橋渡しになって行くのだな〜、
              な〜んて歴史感じる国会議事堂を見学していて
              ちょっとセンチメンタルになってみました。
              | むさしの食と環境プロジェクト | 09:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
              『コウノトリも共に生きる事の出来る』という意味 2
              0
                豊岡市、
                兵庫県の北東に位置し日本海に面する自然豊かな場所。
                山間地と海が有る為に食材は豊富、温泉も有るので観光資源も豊富、
                そして水が豊富なのには驚きました。

                現地に朝8時頃到着、朝食後、
                9時頃市役所で市のコウノトリ共生課の方にお会いし、生コウノトリのバードウォッチングと、コウノトリセンターに案内していただきました。
                生コウノトリを見て感動!
                たまたま、人工の巣登でコウノトリが卵を産む現場に居合わせ感動2。

                11時頃、市長と面会当日の打ち合わせ、
                市長のバイタリティーと熱い志に感銘を受け、
                7月の講演会が稔りある物になる事を確信!
                で、そのまま「皿そば」を食べに行き、雑談で盛りあがる。
                皿そばに感動3。

                1時半頃、コウノトリ米の生産者グループ、エコファーマーズに会いに行く、
                今回は商売での視察ではなかったので、
                農業と縁の無い人達に現場の状況や無農薬栽培の取組み、
                農業の現状をお話して頂きました。

                3時ごろコウノトリセンターにて餌付けが行われる為、それを見学。

                そして、城崎温泉でお花見しながら町湯巡りを楽しんで、一泊。。。。

                翌日は、目と鼻の先の日本三景の一つ「天橋立」を観光、
                股の下から拝んで感動4。

                神戸の防災センターで震災の試料と当時のすさまじさ地震の恐ろしさを体験し、
                帰京。
                (もし神戸に行く事がありましたら、「人と防災未来センター」必ず寄って下さい!地震の恐さと、その後の復興の大変さ、人の命の尊さ、優しさ、様々な事が教訓になり、何時か来るその時に多いいに役立つ事と思います!身が引き締まる思いになりました!そして映像に目頭熱くなりました!)

                少し観光気分になってしまいましたが、
                ハードスケジュールにもかかわらず、中身の濃い良い視察でした、
                そして様々な事を考えさせられるキッカケにもなり、
                稔り有る2日間を過す事ができました。


                さて、豊岡市長にお会いした時のお話ですが、
                少し長くなりそうなので次回書きこみ致します。

                | むさしの食と環境プロジェクト | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                『コウノトリも共に生きる事の出来る』という意味
                0
                  今日兵庫県から帰ってきました・・・・。

                  稔りある視察となりました、
                  そして、環境と経済という相反する問題が
                  市長の話を聞いてる内、なんだか解決してしまいました。

                  後日詳しい内容について書き込みします。

                  今日は疲れたのでこのへんで。。。


                  | むさしの食と環境プロジェクト | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  いざ兵庫へ!
                  0
                    今週11日 三鷹 23:50発
                    車で向かいます!5〜6人で。
                    兵庫到着は翌朝8:00予定。

                    尋常ではないスケジュール
                    果して無事にこなせるのだろうか???
                    一抹の不安が過る。。。

                    なぜ強行スケジュール?
                    それは、豊岡市の市長と講演会の打ち合わせをする為です。
                    GW前にと言うことで急遽決定!

                    折角だから実際にコウノトリ見てきます。
                    市長の取組み本人から聞いてきます。
                    農家の方ともアポ取って有るので、現場の話し聞いてきます。
                    そして綺麗な水と空気堪能してきます。
                    夜は温泉でいっぱいやります。

                    と、今書きながら、なんだか楽しそうだと思えるようになってきた!

                    「百聞は一見にしかず」
                    実際現場に足を運び、体で感じる事は大切です。
                    | むさしの食と環境プロジェクト | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    | 1/1PAGES |