CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
「杉三反」稲刈り出来ず!
0

    毎年行っている稲刈り体験ですが。

    残念ながら今年は台風18号の直撃により、
    予定していた日に刈り取りが出来ませんでした。

    自然は人間の都合通りに行かないと、
    改めて実感することが出来ました。

    農作物はお天等様の恵みあってですね!

    この時期の農家さんは収穫作業で大忙しです。
    特に、杉山ファームさんみたいに直接お米を持ってきてくれる農家さんは
    猫の手も借りたいほど忙しさでしょう。

    しばらくお米の配送が出来ないので、
    「杉三反」の稲穂を少し刈に行きがてら、
    すでに収穫が終わっている「コシヒカリ」「夢ごこち」をもらいに、
    日の出と共にトラックで栃木に向かいました!

    到着後、早速「杉三反」の田んぼを確認

    ついこの間、竜巻が栃木で発生したニュースご存知だと思いますが、
    実は「杉三反」の田んぼ、直撃を受け稲が寝てしまったそうです。

    それに加え台風18号・・・・



    やっぱり・・・という状態でした。

    上が隣の田んぼ、下が「杉三反」の田んぼです。
    分かりますか?

    ただ「杉三反」の田んぼ、
    全ての稲が寝たわけではないみたいです。

    「杉三反」の稲強しです。



    ちょっと分かり辛いかもしれませんが、
    この時期の田んぼはこのように水は張っていません。

    この水が引くまではコンバインは入れないので、
    しばらく刈り取り出来ないでしょう。

    稲に支障が無いとは言い切れません。
    ただ稲が折れているわけではないので、
    稲穂は水に浸かっていませんでした。


    水に浸かってしまうと発芽してしまうので、
    確実に品質は落ちてしまいます。

    今年の「杉三反」微妙な感じです。




    さて、少しの稲を刈り終え杉山ファームさんへ、
    凄い米の量!!
    続々新米が集まっていました。



    ちょうどお米の検査をしていました。
    今年の栃木塩谷近辺の新米は品質がよさそうです。

    杉山さんに「杉三反」をお願いするようになり確か7年目。
    その間、様々な経験をさせていただきました。

    今回のような事は初めてでしたが、
    今日、杉山さんとも話しして決めました。

    来年から品質を重視する事にします!

    人間の都合で刈り取り時期を決めると、
    品質が低下するリスクがあります。
    そのリスクを回避し、食べていただけるお客様の事を一番に考えると、
    刈り取りの日にちは決められません。

    ただ、みんなで田植えした場所だけ残してもらい、
    刈り取りの体験は出来るようにしてもらいます。

    やはり、農業って熟練の経験が必要なんですよね!
    アベノミクスで強い農業と謳っていますが、
    一長一短ではいきませんよ。
    7年目で気付かされた事実でした。

    「杉三反」の入荷は10月上旬になりそうです!

    | 「杉三反」 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    今年で7年目を迎えます「杉三反」の田植え
    0
       5月6日、今年のGW最終日。

      毎年恒例となった「杉三反」の田植えも今年で7回目、
      7年目を迎える事ができました。

      「杉三反」は通常のお米とは違い3種類の品種をわざと混ぜて植えます。

      平成24年の夏は猛暑で全国的にお米が高温障害を受けました。
      しかし「杉三反」は好評価をお客様から頂きました。

      ですので7年目の今年も期待したいところですが天候不順の今年です。

      お米は植物ですから自然環境の影響を大きく受けます。
      人はそれに手を加えるだけなので刈り取りまでの天候次第では、
      品質が大きく変わります。

      「杉三反」を管理してくれる杉山さんは、
      その天候や環境と上手く付き合い栽培してくれるので今年も期待が膨らみます!

      さて、その杉山さんから初めて田植えに参加した方へ田植えの講習。


      今年入学した上田学園の生徒も頑張っていました。
      ちなみに田植えは上田学園の授業の一環です。


      カフェジータのオーナ松本さん。常連の植え方を披露してくれました。


      一緒に参加した小学5年生の男の子は、
      沢山の蛙とたわむれていました。


      そんなわき合いあいとした田植えを午前中で終えて、
      昼食終、お米に最も大切な場所に行きます。

      杉三反の源流「尚仁沢湧水」

      今年は天候がよかったので、水源まで行く事が出来ました。


      こんな沢を20分くらい山登りします。


      森林浴とはこのことか!と実感。
      かなり癒されます!



      この水の温度も重要なんですよね!

      ただ単に田植えだけを経験するのではなく、
      お米とは、自然環境の一部として考えられるような体験を、
      参加者に味わっていただきたい。

      これが「杉三反」の「三」
      三方良しの理念につながっています。

      今年はどんなお米に育ってくれるか、
      楽しみです!!
      | 「杉三反」 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      杉三反・稲刈りの体験ツアー
      0
         

        毎年の恒例行事となった「杉三反」の稲刈も、
        今回で6回目?を迎える事ができました。

        毎回の事で私的には何の驚きもなくなってしまったのですが、
        稲が凸凹してるの分かりますか?
        これは3種類の違う品種を植えているために、
        それぞれの竹の長さが違うからです。



        通常の田んぼではありえない光景です。
        異品種を同じ田んぼに植える事など無いので当たり前ですが。

        ちなみに、
        「なすひかり」という品種が、
        倒れそうな「コシヒカリ」と「夢ごこち」を支えている感じです。

        稲が倒れないと、味に大きく影響するのでしょう、
        毎年お客様からは好評を得ています。

        上手い具合に品種の特性を3種類のお米が支えあっている、
        稲も人も支え合いが大切!と言ったところでしょうか。




        さて今年もサクサクと手刈り開始!



        そこにガーっとコンバイン。



        ん〜あっという間に隣の田んぼは半分刈り取り終了。
        コンバインの中に溜まったお米を吐き出して、
        さらに刈り取りをします。



        コンバインも体験させていただきました!
        車の運転と勝手が違うので少し戸惑いますが、
        皆さん楽しんでいましたね。



        手刈りした稲は持ち帰り、
        上田学園で、乾燥、脱穀、もみすり、精米、と一連の作業を行い、
        補習授業しようと思っています。
        ちなみに米袋は当店持参ですので産地表示は全く関係なしです。



        今年も楽しく稲刈りができました。



        今月末〜来月上旬には「杉三反」新米が届く予定です。

        「杉三反」を食べる事ができるカフェ、
        武蔵境のカフェジータさんの稲も、
        もうすぐ刈り取りです。
        | 「杉三反」 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
        「杉三反」の取り組みが業界紙に掲載されました
        0

          「杉三反」の取り組みが
          米穀業界紙 商経アドバイス 5月14日発行の1面に掲載されました 



          掲載ありがとうございます。
          | 「杉三反」 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          24年度産 「杉三反」 田植え体験終了!
          0
            平成24年5月6日
            今年も田植え体験実施いたしました!


            微妙な天気予報でしたが、皆さん日ごろの行いがよろしいのか、
            田植えの時は天候に恵まれました。
            いつものように、農家の杉山さんにレクチャーいただき、
            田植え開始です。



            カフェジータ(武蔵境カフェ)のオーナー
            今年で3回目の参加となります。
            手馴れたものでサクサク植えていました。
            オーナー自ら植えたお米をカフェジータではお客さんに提供しています。
            この上ない究極の安心安全をお客様に提供していることになりますから、
            究極のカフェですね!


            田んぼには、こんな珍客も現れます。


            パレットの上で籾を発芽させこの状態まで育てます。
            これはちょっと伸びすぎの状態です。


            パレットを引き剥がして田植え機の背中にすべりこませます。
            ちなみに左から
            「コシヒカリ」「夢ごこち」「ナスヒカリ」「コシ」「夢」「ナス」「コシ」「ナス」
            と乱れ植え。
            しかしこれが稲を強くさせ、収穫時には互いが支えあう結果とになり、
            上質の粒を稔らせるのです!!!


            はがされたパレットたち。
            昔は木で作られていたそうです。
            改良に改良が重ねられ、
            今のような形に進化したそうです。


            これは隣の田んぼ、もちろん「杉三反」栽培圃場です。
            しかし、こちらは機械植え。
            みごと綺麗に植わっていますね、
            しかも数分でこの面積をクリアです。
            文明の力に驚愕。


            みなさんお疲れ様でした!


            次回は除草!!(もちろん手です)の予定です。
            7月中旬ごろですかね。
            | 「杉三反」 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            23年度 杉三反 稲刈り!
            0
               9月11日 日曜日

              杉三反の稲刈りが行われました。

              しかし・・・・


              腰椎椎間板ヘルニアになってしまった私は、
              もちろん参加することは出来ませんでした・・・


              詳しくは「杉三反」ブログにて!

              今年の出来はよさそうでよ。
              毎年の事ですが、
              かなりの好評をいただくお米です。

              まあ、食味向上を狙って考え、
              普通ではありえない栽培方法のお米ですから。

              多分、他では手に入らない食感と風味を堪能できる事でしょう。

              9月下旬 入荷予定です!

              おたのしみに・・・・・
              | 「杉三反」 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              恒例の「杉三反」というお米の田植え
              0
                 5月8日
                「杉三反」の田植えを行なってきました。

                今年は震災、原発事故とどうなるかと思いましたが、
                田圃も水路も被害なく、
                放射能汚染も検査され問題なく、
                例年と同じように作付けしてきました。
                稲の説明・・これはナスヒカリという品種
                 
                稲の説明を受けています。これはナスヒカリという品種




                ここに植えていきます!

                この広さで3.5反。

                最初はこの一枚からスタートしました。

                今年からこの広さの田圃を3枚借りました。
                何俵収穫出来るかはこれからの天候次第!




                これはコシヒカリの苗



                これは夢ごこちの苗

                この3種類を一列ずつ交互に植えていきます。



                だいぶ進んできましたが、やはり手植えは大変です!!
                でもその大変さがあればこそ、
                食べ物を大切にする気持ちが育まれます。



                田植え終了!

                時間と面積と人数を考えると限界があるために、
                のこっった箇所は田植え機で植えていきます!

                今年の夏は猛暑にならにことを祈って、

                「美味しく育て〜」






                | 「杉三反」 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                そろそろ田植えの準備
                0
                  栃木の杉山ファームさんでは、種籾を発芽させる作業が始まっています。

                   http://ameblo.jp/kei-pro/

                  これらの苗は「杉三反」の種にもなります。

                  その田圃に灌漑させる水源の「尚仁沢湧き水」
                  http://www.town.shioya.tochigi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=8968

                  水質検査の結果
                  http://www.town.shioya.tochigi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=20740

                  ひとまず一安心です。


                  地震の影響が少なく田植えが出来る状態の田圃でも、

                  原発事故現場から近い田圃では汚染度合で

                  田植えが出来るかどうかが分からないそうです。


                  もし地震、津波だけなら復興の速度はもっと速く、

                  農家は安心して農作業に従事できたはずです。

                  原発事故のおかげでどれだけの人が不安になり、

                  被害を被っているか計り知れないとおもいます。

                  風評被害や、非難しなくていい人たちまで非難している現状を重く捉え、

                  私達はこの現実を教訓にし学習していかなければいけないと思います。


                  原子力に頼るエネルギー政策にNOを!

                  壊れても人の命を脅かさない自然エネルギーにチェンジ!



                  | 「杉三反」 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  杉三反 稲刈り 
                  0
                    異常気象とも思われる連日の猛暑で、
                    人間だけではなく、様々な生態系に影響を及ぼしている事が、
                    ニュース報道されていました。

                    栃木県塩谷近辺の稲も例外ではなく、
                    バッチリ高温障害を受けていました。

                    杉三反も同じです。

                    そして台風による被害も出ていました。

                    こちらは一般の田圃を撮影したもの。
                    完全倒伏です。


                    でこちらが「杉三反」の田圃。
                    頑張っているのが「なすひかり」だとおもわれます。


                    明け方、雨が降ったらしく、稲が湿ってしまいました。
                    ちなみに、この黒いのは稲麹菌です。
                    湿った状態では稲刈りが出来ません。

                    籾が水分を多量に含んでしまっているので、
                    乾燥が上手くいかず、美味しくないお米になってしまうのです。


                    ですので残念ながら稲刈りは断念!

                    しかし少しだけ刈り取りは行ないました。


                    この日の夜も雨予報でしたので、今週の何処かで刈り取る予定だそうです。

                    ですので、出荷は来週辺りでしょうか!?

                    どのような玄米状態なのか少し不安ですが、
                    今年も美味しいお米になっていただければとおもいます。

                    価格は例年通り。
                    これはある意味、ニッポンの食文化を守る活動でもあります。





                    | 「杉三反」 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    杉三反 業界紙掲載。
                    0
                      今年も 杉三反の取り組みを
                      業界紙「商経アドバイス」に掲載していただきました。

                      発端は若米会という会の有志で始めた企画。

                      徐々にですが広がりを見せつつ、地道に活動しています。

                      そんな活動を、商経新聞の記者さんは常に追ってくれ、応援してくれます。

                      ですので、こちらの情報提供できる範囲ならいくらでも取材していただいて、記事にしていただいています。

                      目的は、この取り組みが広く各産地で行なえるようになれば、
                      日本の稲作農業の将来は明るいのではないか!
                      という思いです。



                      杉三反が自給率向上、日本食文化保全と継承に一役買えれば!
                      なんて夢は大きく、地道な活動で取り組んでいます。
                      | 「杉三反」 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/3PAGES | >>