CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
若米会24年産コメ情報交換会
0

    平成24年11月11日(日)渋谷アットビジネスセンターにて、
    若米会11月定例会 「若米会24年産コメ情報交換会」
    ~生産から仕入れ・販売までの24年産米動向と将来展望を若き経営者がディスカッション~
    が開催されました。

     

    現在、日本のおコメ流通環境は、
    震災後、正確には原発事故後といっていいでしょう
    激変!しています。

    放射性物質による被害を懸念し産地、銘柄選定に変化がおき、
    ネット販売や農家産直がだんだんと定着し、
    おコメを農協に出荷する意味が薄れ農協の集荷率は激減しています。

    こだわって作ったおコメでも農協に出荷すると、
    みんな同じ扱いになりますから、旨い米を作っても評価されません。
    おコメの流通価格基準は等級(見た目)と産地、品種です。

    食味ではないんですよね〜

    評価されなければ自分で販売する事を考えますよね。
    当たり前との事だと思います。

    外国の農家は生産効率を上げるために食べる人(消費者)の事より、
    流通、利益(経済)重視ですから農薬や化学肥料に糸目はありません。
    よって生産品に対しての思い入れも薄いでしょう。

    しかし、日本人は違います
    日本の農家は必ず職人魂を持っています。
    だから、日本の農業技術は世界で群を抜いているそうです。

    そんな中、
    24年産米の集荷率を高めるために全国の農協は、
    販売価格が決まる前の仮渡する金額を上げました。

    その影響もあり市場では供給過剰のおコメは余っているのに、
    流通価格が上がっているというおかしな現象が起きています。

    その崩れた需給バランスのおかげで、
    SBSという外国産米入札に買いが殺到、
    安いおコメを求めるFC系飲食業界などは
    徐々に外米にシフトしているのが現状です。

    消費者の意識も統計的に安い外国産米に対しての抵抗は依然強いのですが、
    徐々に外国産米に対しての意識は変わりつつあると読み取れます。
    白米で運ばれてくるので、防虫殺虫剤は必ず使います、
    輸入米の健康リスクを考えると割高になる気が・・・

    新品種で話題性のあるおコメに関しては販売を伸ばしているそうですが、
    上記に記したように総消費量には業務用といわれる低価格帯の
    外食、中食も存在します。

    よって、すでに供給過多な中堅クラス以上のこだわり栽培米を増産しても、
    消費拡大の伸びシロは存在しませんのでキャパの取り合いになるでしょう。
    それを裏付けるニュースが、
    「年間のお米の購入代金よりパンの購入代金が上回った」という報道です。

    ますます食の欧米化が進み食習慣が変わっていく中、
    消費が拡大するという方向には至らないと予測できます。

    生産現場の意識の改革は急務です、
    TPPや遺伝子組み換えなどのグローバリズムの波に、
    必ず巻き込まれてしまう事は容易に想像できます。

    そんな業界の激変期、柔軟な対応をするべく今回の定例会では、
    生産者・集荷業者・設備業者・小売店・加工製造
    という面々が様々な立場から業界の現状と打開策を話し合いました。

    正直な印象は、多種多様。
    同じ業界なのに業務内容が十人十色と言った感じでした。

    たぶんこれが答えなのかもしれません。

    しかし、何よりも参加した皆さんから感じたのは、
    お互いにいい関係で刺激し合っていた事です。

    刺激は、意識覚醒のような感覚になりますから、
    日々の業務に張り合いを持たせるには
    とても必要な要素のように思います。

    閉塞感に包まれているこの業界だからこそ、
    若い意識のつながりは重要だと感じています。

    今後も若米会が活発に活動できる要素は、
    会員各々の元気力だと思います。

    そして、業界を元気に牽引できる会に発展させる事です。
    大それた志かもしれませんが、
    今回の定例会で、
    これこそが若米会の存在意義なんだと実感しました。

    とても有意義な時間を過ごす事ができました。

    おコメに携わる仕事をしていて、若米会にご興味ありの方、
    是非、私たちと一緒に切磋琢磨してみませんか?

    | 若米会 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    郷プロジェクト始動!
    0
      若米会の理念には「次世代へお米文化を継承し創造する」とあります。この理念に基づき私達ができる事はどのような事だろうと改めて考えました。日本の将来を担うとはどういうことか、我々が負っている社会的責任とはなんだろう?いま、日本の中山間地では過疎化が進み限界集落と いう社会問題があります。そんな集落を活性化しようと移住し取り組んでいる方たちがいます。しかしこれが大変で、なかなか定住するまでの生活費を維持する のが至難の技と聞いています。そんな方々を少しでも応援することができればと思い、そこで栽培されたお米を適正価格で仕入れ、若米会で販売する事になりま した。日本のいいものを残していくために、取引集落と販売先、それを食べていただけるお客様を少しずつでも増やしていければと思っています。ぜひ、「郷プ ロジェクト米」ご賞味いただければ幸いです。
       

      販売は10月下旬ごろからです。こうご期待!  
      | 若米会 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      「郷プロジェクト」始動に向けて
      0
        7月1日(日)若米会で行なう限界集落支援プロジェクト

        題して「郷プロジェクト」の始動に向け
        新潟県十日町に行ってまいりました。

        若米会の会員数自体はそんなに多くないのですが、
        みなさん日本各地に点在している為に、
        だいたい集合時間はお昼頃に設定します。

        ということで、
        企画会議の前に腹ごしらえ。



        お昼どうする?何処でたべようかぁ?やっぱり「へぎそば」?

        と、まぁこんな感じで現地でコーディネートしてくれるの会員と
        事前に相談して決めます。

        今回は「十日町ナイト」という都内で行なわれた
        地域おこし協力隊主催のイベントで知った芸術際の“要”!?

        古民家を再生し、地元のお母さん達の郷土料理が食べれる
        「うぶすなの家」で昼食をとる事にいたしました。




        これは焼き物の「お風呂」です!!!
        焼き物です!!!値段にも目が点。。。


        これは2階にある茶室


        これは・・・とりあえずカシャッ

        家の中はこんな感じで芸術家達の作品であふれています。



        釜戸まで・・・・



        料理は、山菜ハンバーグ・山菜てんぷら・山菜餃子の3種類、
        もちろんお米は「釜戸炊き」の魚沼産です!お変わり自由。
        3杯目行こうかと思いましたが、流石に2杯でやめておきました。

        お腹も、時間もいい頃になったので、
        本来の目的でもある十日町池谷集落に向かいます。



        ここは昔の分校でいまは廃校になった場所です、
        そこを「地域おこし実行委員会」の本部として活用しているそうで、
        ここで、池谷集落の皆さんと、実行委員会の皆さんと
        意見交換を行なってきました。

        池谷集落は、2005年の中越地震で壊滅状態になったそうです、
        そのときにボランチアとして活動していた方、
        地域おこし協力隊で活動していた方が移住され、
        現在村の人口は19名。

        人口が少ないが為に、平均年齢は下がりましたが、
        移住者がこの集落の希望になっている事は間違いありませんでした。

        里山という先人知恵が沢山詰まった営みを継承する若い世代を
        どうにか応援し、田んぼ文化を残して行きたいというのが「郷プロジェクト」です。

        今回、実際現場に入り、皆さんの話を聞き、
        様々な課題が浮き彫りになってきましたが、
        「郷プロジェクト」の方向性が見えてきたように感じました。


        山の中に2枚の田んぼ


        そこには営みが有ります


        こんなところでも綺麗に稲が植わっています

        上流に住む皆さんは水に不住が無いそうです。

        田んぼも水に困りません。

        ここでの生活は、下流で住む都市部に影響します。

        このような環境が壊れれば洪水が頻繁に起こるとおもいます。
        下流の都市部は水害に悩まされる可能性があります。

        課題は山積ですが、
        これから一つ一つクリアし、実現に向けて進むのみ!!

        という心境です。

        十日町池谷地区のみなさんありがとうございました。
        | 若米会 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        「若米会」小田原にて
        0
           

           18日日曜日

          小田原にて「若米会」総会、定例会が行われました。



          組織創りを仕切りなおしてから2回目となった総会。

          会員も今では北は山形、南は大阪と少しずつ広がりをみせ、
          密度が濃くなってきたように感じます。
          今までは勉強会的な要素が大きかった会ですが、

          今期からは具体的な事業活動を行っていく方針で
          総会をもって議案可決となりました。


          定例会は、

          吉祥寺で自家製造した生フローズンヨーグルトを販売する
          ウッドベリーズ田川社長。
          小田原で携帯ストラップのネット販売を手掛ける

          成長著しい螢好肇薀奪廛筌優ストの小俣副社長をお招きし、
          それぞれディスカッション形式で勉強会を行ないました。


          「吉祥寺ウッドベリース」のフローズンヨーグルト、

          と言えば結構有名で、茨城から参加した当会員も、
          わざわざ吉祥寺へ食べに行った事もあるほどの
          コンセプトのしっかりしたお店です。

          http://woodberrys.co.jp/


          ココでは、自然発酵させたヨーグルトをフローズンアイスにし、

          旬の野菜や果物を注文受けてから練り込み、
          素材の味を活かしたテイストと、体に与える影響を考え、
          製造販売されています。

          店頭で食べる生のフローズンヨーグルトは格別です。

          そんな田川社長の素材の選び方、生産農家との付き合い方、
          起業に至るまでと、苦労や失敗談、

          そこから培われた企業理念をご教授頂きました。

          以外に農家さんとの付き合い方や品定めは

          「果物」「野菜」も「お米」も共通点が多く、
          改めて大事な視点を異業種目線で確認する事が出来たように思います。

          大量生産、大量販売が食品を工業化し主流になっている中、本来、口に入れる物は命の危険性が伴うはずです。
          しかし惣菜やファーストフードなど他人任せの便利な化学的な食事が、食に対しての知識や加工、保存の知恵を低下させ、食が作られる本当の過程や味、有り難味が薄れているように思います。

          だからこそ、なのでしょう、
          生産者の思いや素材の力、手間や良さの価値を知ってもらい、
          体に得られる大切な要素が沢山詰まっている事を発信する。

          人の営みに一番大切なことだと思います。

          お米を販売する者としても、
          日本人の長い歴史の中で受け継がれてきた「DNA」と「お米」の関係を蔑ろにせず、しっかり発信していく事を心がけたいと改めて実感しました。

           

          つづいて、

          螢好肇薀奪廛筌優ストの小俣副社長の話しはとても新鮮でした。

          http://strapyanext.com/

           

          ネット販売にあたっての注意点や仕掛け方、

          消費者心理をうまく取り込んだ手法には驚きました。

           

          実は小俣さん、この業界では有名人らしく、
          かなりの実績の持ち主でもあります。
          ヘッドハンティング的名な感じで、
          今の会社に移ってこられたのに納得。

           

          そんな方のお話がディスカッション形式で聞けたのですから、

          ありがたい話です。

          気軽に紹介してくれた小田原の当会員は、

          いったいどんな付き合いしているのだろう・・・

           

          もともと様々な場所で講演なさっていて、

          この業界での仕掛け人でもあるために、

          パソコンの画面からは知る事ができない裏側を、

          赤裸々に垣間見れたように思いました。

           

          当店はネット販売は手掛けていませんが、

          商品を販売するときの参考になりました。

           

          成長著しいネット通販事業、

          やるやらないは個人の自由ですが、

          新しい商売のあり方になりつつある事は確信いたしました。

           

          お二人の話の中でいくつか共通点がありました。

          基本的な理念はゆるぎないという事です。

           

          今回の定例会は「お米」から一歩離れての勉強会となりましたが、客観的に「お米」を見る事ができてとても良かったと感じています。

           

          さて、これらの経験を生かすべく、

          次回につなげて行きたいと思いながら懇親会場へ・・・



          「城山テラス」

          http://shiroyama-terrasse.com/about.html

          | 若米会 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          2011年「若米会」11月例会 放射性物質検査場視察
          0
             若米会 11月例会が昨日の9日、

            農民連食品分析センター
            http://earlybirds.ddo.jp/bunseki/


            にご協力頂き、
            放射性物質検査で忙しい最中、時間を頂き見学させて頂きました。
            主任の八田さんありがとうございました!!

            TVなどで検査の映像などを良く見ますが、
            「百聞は一見にしかず」
            実際見て話を聞くと、全く違う認識が生まれます。



            まず私達は、
            放射性物質がどういうものか、
            どんな物質がどのように体に影響を及ぼすか、
            どんな検出方法、機械があるのかレクチャーを受けます。

            それを踏まえ、
            現在の汚染状況、
            検査のデーターを元に分かってきた状況や、
            影響を受けやすい汚染食物の話を聞きます。

            おコメに関しては、
            今まで1000件以上の検査のうち、
            20bq以上検出されたのが6検体。
            いずれも福島県、宮城県、茨城県、のおコメでしたが、
            70bq以上の検出は無かったそうです。

            ちなみに70bqのおコメを1年間食べた場合、
            http://testpage.jp/m/tool/bq_sv.php?guid=ON
            こちらを活用させていただき、数字を当て込んで計算してみると、
            日本人の「お米」年間消費量約64kgですので、
            一日0.175kg食べる計算となります。
            そうすると、被曝線量は「0.0983675 mSv」となります。
            胸部X線撮影1回分の線量が0.1〜0.3msvですから、
            内部被ばく外部被ばくの違いや半減期などを考えたとしても、
            体に受ける影響は極微量だという事が分かります。

            野菜に関しては検出がゼロだそうです、
            これは収穫日数や時期が関係してくるそうで、
            原発事故から放射性物質の飛散状況が終息している、
            という裏づけからのデーターでしょう。

            いま、スズメバチの巣から放射性物質を検査しているそうです。

            なぜスズメバチからかというと、
            スズメバチは巣を作る時に周辺の木材や土などを集め、
            生態系の頂点にいる昆虫なので、
            周辺地域の汚染状況が巣を検査する事によって分かるという事です。




            検出機械は4種類あって、
            主にゲルマニュウム半導体核検出器とNaIγ線シンチレーション測定装置の2種類が
            日本では推奨され、 
            ここではNaIシンチレーター型を使っていました。
            PCのソフト含め500万円だそうです。
            高級車並みの価格ですね・・・




            周りのブロックは鉛です、
            検体と空気中の放射性物質を遮断し、
            正確な数値を出す為の仕切りです。



            ブロックの中はこのような状態です。
            検体はビニール袋にいれ外部に物質が付着しないように梱包し、
            検査装置の下に置きます。



            検査したデーターはこのように反映されます



            青い山はセシウム134と137です。

            おコメに関して言えば、
            放射性物質汚染の影響はさほど受けていなかった、
            という事が分かりました。

            玄米はよくない、胚芽の部分に多く残るから、白米の方がいいと
            悲観的になる必要はないということですね。
            逆に胚芽米や玄米にある豊富な栄養素をそぎ落とし、
            健康を阻害する方が体には害のような気がします。

            昨今、放射性物質には味噌がいいやらなんやらといっていますが、
            基本は「朝は〇ン♪」ではなく、
            しっかり「日本食」を心がければ健康維持が出来るのではないでしょうか。
            そして、それこそ内需拡大、日本の復興となる気がします。

            大変有意義な時間でした!!

            しかし病み上がりには少し応えました。

            | 若米会 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            若米会 再出発
            0
              若米会発足以来、初めての総会が4月15日、
              横浜にて執り行われました。

              本来なら3月中に行なう予定でしたが、
              震災の影響を考慮し、特例で延期に。

              この間、米業界では様々な動きがあり、
              定例会ではその情報交換と今後動向にて話が弾みました。

              いま、私達が直面している問題それは、

              〇震災にて作付け不可能となった水田の被害状況
              〇すでに田植えの準備が始まった最中の震災にてどの程度対応できるのか
              〇原発事故で拡散した放射性降下物の稲への影響
              〇23年度産に向けての天候と収穫量

              そして、若米会出の取り組み、

              〇私達の会で震災復興にどのように協力できるのか

              震災の影響で交通が復旧していなく参加できなかった会員、
              田植え準備で参加できなかった会員もいらっしゃいましたので、
              いささか残念ではありましたが、
              いまだに落ち着かない状態の米業界、
              そんな中でも様々な情報を持っている会員の皆さん!

              大変な時期なのに時間を作り参加された会員には、
              とっても有意義な時間になりました。

              今後の展開に期待です。


              | 若米会 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              若米会定例会
              0
                11月17日
                2年ぶりに「若米会定例会」が行なわれたッ!

                発足してから6年、
                単なる同業の集まり、ゆる〜い会は案の定4年でほぼ休止状態。
                役員は置いたものの若さゆえとでも言うのでしょうか、
                全く機能せずほったらかし状態が続いていました。

                その中でもシッカリしたヤル気のある若い世代はいます。
                せっかく集まった会をそのまま放置するにはもったいない、
                しかも、この業界に元気が無くなったら日本の農業は確実に衰退し、国土も衰退していく。

                そうならないよう、次世代を担う若い世代が集まり小売りと生産の垣根を越え、様々な展開が出来るよう再生していこう!!!

                そして再生若米会を発足、復活させました。

                私が会長を担い、副会長は静岡の衒篤辧_弾社長、運営監事としてITの申し子、モッフルの生みの親(有)森嶋米店の森嶋社長、相談役として前会長の志村精米店の志村君。
                みんな30歳代の若い世代ですが、それぞれ様々な活動を通し社会に情報発信しているメンバーです。

                「米穀業界の将来をどう見出すか」

                新生若米会、第1回目というの門出にふさわしい内容を行なう為に、今回はこのテーマで行ないました。
                ユーストリームでLIVE配信も新しい試みです。
                http://www.ustream.tv/channel/wakagome
                世界の穀物需給事情から、将来の私達の業界が取り組まないといけない事まで掘り下げ話合いました。

                いま、経済界や政治家の思惑によってTPPという大きな分岐点に日本はたたされています。
                経済界にとってTPP加盟は必要な事なのかもしれませんが、まず日本人の今の食生活を政策で改善させないと、日本の農業は確実に衰退していくでしょう。
                それは欧米化されている食生活が安価な輸入品に移項する事は市場原理を考えても間違えないと素人でも予測できます。
                自給率が70%近くあり、しかも日本型の食生活が浸透していればTPPに加盟しても農業への打撃という脅威は生まれないはずです。

                ただ、巧みなCMにより消費活動を促されている今の日本の社会には解決は難しい問題です。

                そんな時代だからこそ、みんなで力を合わせてシッカリ考え行動していこうと、団結!影響し合い、いい雰囲気で会を終えました。

                今後の展開に期待。
                | 若米会 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                若米会
                0
                  若米会が久しぶりに開催されました。

                  40歳までの米に関連する仕事をしている人で組織する会、
                  様々な意味で米業界を刷新する可能性を持ち合わせていました。
                  しかし、発足から5〜6年が経ち、会はマンネリ化し、設営メンバーも限られ、運営に限界が近づいていました。

                  良い意味では自由、悪い意味では規律の無かった会に、改めて会則という縛りを持たせ、組織として役員を改選し再出発します。

                  若さの強みはスピードだと思います、それとリスクを問わない大胆さ。
                  ただ、最近の若者は頭でっかちなため、情報過多になりリスクを嫌うせいか、積極性にかける人を良く見かけます。
                  バーチャルに強くても、リアリティーに欠けては人としての広がりは望めません。

                  この会では、リスクを気にしないで活動できるように、様々な角度からリアルに学習し、実践できる会に育て上げていくつもりでいます。

                  業界関係者は是非ご参加頂き、一緒に活動していきましょう!

                  若米会 会長 かない米店 金井


                  | 若米会 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  消費者のみな様へ!
                  0
                    昨日、若米会が行われ、出席してきました。
                    (生産者、卸、小売など、お米に携わる仕事をしてる若い人の集まり)

                    今回の議題は、
                    ○生産者と販売業者に今問われてる課題と担ってる役割。
                    ○世界人工増加や原油の枯渇によって想定される「食糧難」に向けて・・・

                    いろんな意見が出ました、
                    約3時間の間でしたが、時間が足りなく、
                    活発に熱く議論しました。

                    で結論!
                    消費者と生産者の距離を縮める為に、
                    生産現場をもっと身近に感じてもらう事を企画し実行する!

                    消費者はお金を出せば何処でも何時でも何でも旬関係なく食べ物が買える。
                    (これは自然の営みから見ると異常な状態)
                    生産者はグローバル社会の競争にさらされ、安価な生産を強いられ生活難に陥っている。
                    生産者が生活できないと、生産物はどうなるのでしょうか?
                    国内自給率はどうなるのでしょうか?
                    消費者の生活は・・・・
                    何時までも輸入に頼った食生活が永遠と続くとでも・・・!?

                    原油高で輸送コストは高騰するでしょう、
                    環境の変化で干ばつが拡大するでしょう、
                    バイオエタノールにするか食糧にするか、

                    何れかは来る食糧難、
                    供えは有るのでしょうか?

                    今、消費地で生活している人たちは
                    鏡で対岸の火事を見ているのと同じ状況だと早く気付かないと・・・
                    手遅れになる前に!!!
                    | 若米会 | 11:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                    じゃぱにーず風土。
                    0
                      代々木に「田んぼ」というお店があります。

                      お米のにとことん拘っている、お米が主役のお店。

                      先日友達に誘われ行ってまいりました。

                      おひつに入ったお米の上に具材が乗っている「おひつ膳」と
                      スタンダードな「おむすび」があります。
                      お酒も有ったけど、
                      今回は食事を楽しみたかったのでアルコールは注文しませんでした。

                      3種類のお米が、日替わりで楽しめます、
                      当日は新潟県魚沼十日町のお米でした。

                      友達が季節膳と豚角煮膳を注文したので、僕は「まぐろ中おち膳」を注文、
                      季節膳は焼き秋刀魚がついてきました、旨そうでした。
                      その他に、玄米茶とお茶漬けセットが付いて来て、
                      お米が2度楽しめる工夫が嬉しいです。
                      とにかく米が旨い!

                      お客さんが次々と来店される所を見ると、結構流行っている事が分かります、
                      敷居が高くないので、客層年齢層がバラバラ、食材も拘っているので、
                      子供も安心して安全に食事が出来るお店でもあります、
                      なかなか子供も一緒に食事が出来るお店って少ないですから貴重です。

                      お米を主にしているお店が流行るのは、
                      お米の仕事をしている物として嬉しい限りです。
                      そして様々な意味を含めて日本食文化と日本人に必要だと思いました。

                      僕の中では☆3つのお店でした。


                      | 若米会 | 07:55 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/2PAGES | >>