CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
世界の水田・日本の水田
世界の水田・日本の水田 (JUGEMレビュー »)
田渕 俊雄
日本の国が世界の中で一番水耕栽培に適している事が良く分かります。
美味しいお米を栽培できる環境が有りながら、お米の消費が少ない為に農家は小麦や大豆などの転作を余儀なくさせられているのが現状です、お米の消費をもっと上げる事は、国土の崩壊を防ぐ一つの方法だと再認識しました。
RECOMMEND
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204))
水田を守るとはどういうことか―生物相の視点から (人間選書 (204)) (JUGEMレビュー »)
守山 弘
自然環境を保つ為や災害から地域を守ることに水田がどのように機能するかが良く分かります。
そして生物多様性の大切さも。
ブクログ
twitter
MOBILE
qrcode
「玄米餅」黒米入り。
0
    玄米のお餅作ってみました!

    もちっこで搗いたので、
    少し歯ごたえのある搗き上がりになりましたが、
    なかなかいい感じです。

    まず、1日ごとに水を変え「もち米玄米」を2日間浸水させます。
    (浸水効率を良くするために玄米は軽く精米機でキズをつけてあります)
    2日に目にクロマイを混ぜ浸水。
    もち米2kgに対して黒米100g程度。

    浸水させていたもち玄米をざるに上げ水切りします。
    (お米を炊くときは水切り厳禁です!)


    ある程度水か切れたら40分〜50分蒸します。


    蒸しあがったらもちっこで搗きます。


    しゃもじでもちを抑えながらもちっこ動かしていると・・・


    つきあがりました!

    今の時期、気温が温かいのでなかなか固まらず、
    とり粉を使うとカビる可能性があるので、
    もち専用の袋にそのまま入れのしました。

    今回搗いて思ったのですが、
    気候や保存を考えると、やっぱりお餅は冬の食べ物だなーと実感。

    しかし!

    この後、羽二重もち米で餅搗いたら・・・
    歯ごたえといい、粘りといい、つやといい・・・
    絶品のお持ちが搗き上がり、驚きました!

    いやー旨いです。



    | 食道楽 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    武蔵境の美味しいお店!  
    0
      武蔵境の駅から北に向かって5分ほどで、
      美味しいご飯が食べれるお店がオープンしました。

      cafe Ji:ta 
      http://www.cafe-jita.com/

      オープン前に「杉三反」のブログを
      http://ameblo.jp/kei-pro/
      ご覧になり、連絡がありました。
      このお米の取り組みに共感していただき、
      取り扱いたいと申し出があり、
      それからのお付き合いとなりました。

      なかなかお伺いする事が出来なかったのですが、

      月初にうかがう時間が作れたので早速食べに!

      今は、杉三反が売り切れている為に、
      山形県庄内減農薬どまんなかをカレーに、
      茨城県つくば減農薬コシヒカリを炊き込みご飯に。



      土鍋でお米を炊いているそうで、
      お米、一粒一粒がしっかりと炊き上がっていて、
      久しぶりに美味しいお米を頂くことが出来ました。
      お米が美味しければオカズは要りません!

      その他に、ちょっと気になったスィーツがこれ



      かぼちゃのチーズケーキです。
      甘いのが苦手な僕でもホークが止まらなくなるほどの美味、

      それにチヨット強めのコーヒー!


      よく合います。

      営業時間的になかなかお邪魔する事が出来ないのですが、
      炊き込みご飯は旬の物を使っいるので、
      そのつど季節感が感じられ、通いたくなるお店でも有ります。

      マスターは今年の「杉三反」田植えにも参加していただきました、
      食にこだわりの持つカフェジータの松本さん。 
      今年の秋にはその収穫したお米をお店で味わえるでしょう。

      決してフランチャイズでは味わえない、
      なんとも貴重な至福の美味しい時間を過す事が出来るお店です。
      | 食道楽 | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      だだちゃまめ。
      0
        山形県庄内(鶴岡)の生産者で、
        「はえぬき」と「どまんなか」(お米の品種名)を作ってもらっている
        おんぶバッタの会の高橋さんが、
        山形県鶴岡名産「だだちゃ豆」を送ってきてくれました!!!

        2週間ほど前の話になりますが・・・・


        「だだちゃ豆」は濃厚で深い味わいの枝豆、
        今の時期しか食べられない貴重な豆、

        その家ごとに種子が違うらしく、
        それぞれのフウミを持っているという貴重な枝豆なのです。

        これを食べると普通の枝豆、物足りなくなります。


        で、


        生産者は違うのですが、
        毎年「だだちゃ豆」を当店で販売していて、
        それを毎年扱ってくれているお店、
        吉祥寺・バーオハナさん
        http://www.barohana.com/

        そこのオーナーが、「焼くと美味しいんだよ!!!」

        焼く?

        ゆでる事しか知らなかったワタクシ、
        早速、フライパンに軽く塩をまぶし、だだちゃ豆を投入〜
        フタをして少し焦げ目が付くまで焼く。

        うっ旨い。

        ゆでるより濃厚で、香りが強く実がシッカリ、ほどよい歯ごたえを保つ、
        ビールの最高のお供・・・さ い こ う !

        この時期は毎年美味しい思いを出来る幸せな季節です。

        今週は、その庄内のおんぶバッタの高橋さんたちの所へ、
        今年のお米の出来を視察しに行って来ます!

        だだちゃ豆ありがとうございました!!!
        | 食道楽 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        旬の旨い農産物。
        0
          昨日、グローバリゼーションを語る会をマイホームにて開催。

          その時出したご飯。

          大豆(杉山ファーム産)とヒジキとこうや豆腐と干し椎茸(国産)の煮物。

          白男爵(長野県東御の農家からの贈り物)をにんにく(青森)と炒めた物。

          にんじんと胡瓜とトマトの生野菜を自家製豆乳マヨネーズ味噌で。

          極めつけ!
          山形県鶴岡のだだちゃ豆。

          この食材を外食で食べたら・・・・

          農家さんとつながってるからこそ味わえる旬の味覚。
          ちなみに、白男爵は東京では流通してません。
          生産数量も極少なので貴重な男爵芋です。

          今回参加してくれた皆に伝えなかったけど、
          旬の食材を適正な調理法で食べる事が普通だった昔に比べ、
          最近ではそれが凄く贅沢に感る。

          これからも農家さんとの付き合いを大切にし、
          ひろく消費者に旬の食材の美味しさを伝えて、
          生産現場の大切さをアピールしなければ!!!

          そうそう、
          ちょっとした方に頂いた手揉み茶葉で、
          ホット
          〆させていただきました。。。
          | 食道楽 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          醗酵倶楽部
          0
            先日、醗酵倶楽部を企画し開催。

            第1回
            当店のお客さんでもある「織部」さんに無理言って、
            場所の提供と、日本酒に合う料理を作ってもらった。

            日本酒は寺田本家のお酒を5種類、
            醍醐のしずく、
            たらち、
            むすひ、
            五人娘、純米
            五人娘、限定酒

            僕の醗酵との出会、いや、微生物との出会いと言った方が適切かな、
            まず、
            福島の猪苗代にEM菌を使って栽培した「ひとめぼれ」に出会う。
            石川の根上りで、微生物を培養した土壌で無農薬米を栽培してる方に出会う。
            岩手で銀河高源ビールの社長の講演会に出席、ビール酵母の大切さを知る。
            長野の東御市で微生物を培養して牛に飲ませ、その堆肥で農業をしてる
            お米も作ってる農家さんの話を聞く、
            千葉で田圃を貸してくれた農家さんに紹介され「寺田本家」の社長さんに会い、
            醗酵と腐敗の話しを聞く。

            っとまァ、この辺から微生物って・・・何? 醗酵っていったい???
            と思考が変ってきたのです。

            で、とりあえず自分で醗酵食品作ってみました。
            味噌、納豆、ワイン、どぶろく、糠漬け、ついでに粕漬け、

            微生物の本や醗酵の本、今話題のマンガ「もやしもん」も押さえて・・・。

            私達人間は微生物が居ないと生きて行けないことを知りました、
            微生物って言っても、目に見えないからなんとも認識しづらいですよね、
            でももし目に見えたら大変な事になるでしょう。
            なぜなら、
            糠床のひとサジには地球上の人口より多いい数の微生物が生息してるのだそうです。

            そんな微生物の生理現象を上手く利用したのが醗酵、
            醗酵には色んな種類の醗酵があるそうです、
            詳しく知りたい方は、小泉武男著者「醗酵」を読んで下さいませ。

            納豆は醗酵ですよね、でも腐らないんです。
            何故でしょう?賞味期限がありますよね、でも大丈夫。
            賞味期限の概念はここでは書きませんが、期限切れてもお腹壊す事は無いでしょう。

            そうなんです、醗酵って、腐敗とは違うのです。
            醗酵してると腐らないのです!!!
            醗酵って言葉を違う言い方にすると、活性化とか進化とか癒しとか・・・
            とにかく醗酵ってそんな感じですね。

            寺田本家の社長が言ってました、
            人間も醗酵してれば腐らないよと。

            と、前置きが長くなりましたが、
            第1回に参加して頂いた皆さんには楽しく醸されてくれたと思います。
            少しでも興味をもって醗酵してもらいたいと思います。

            醗酵倶楽部では色んな醗酵を肌で感じて、舌で感じて、体で感じて、
            自然の恵みを感じてみたい方に集まっていただき、
            楽しく醗酵出来る会にして行きたいと思います。

            次回はなにしよっか?
            | 食道楽 | 18:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
            醗酵倶楽部 開催
            0

              LOHASな友達と醗酵倶楽部作ってみました。

              皆でわいわい微生物に醸され、お肌ツルツル、心も体も醗酵でリフレッシュ!!
              って感じで展開させようと思ってます。
              今回は第1回と言うことで、寺田本家の日本酒五種類と笹一の生酒(たしか)、
              料理は醗酵食品と醗酵に合う肴を大将にお願いしてあります。

              醗酵好きの人限定して行う予定です、興味有る醗酵好きの人は連絡下さい。
              一応人数限定なもんで、参加予約はお早めに。

              詳細はこちら・・・

              場所は 吉祥寺 「織部」 さん 
              (大将に無理言って場所の提供を引き受けていただきました)
              http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/5382/

              日にち 6月24日(日曜日)18:30〜
              予算1人 5000円〜6000円
              限定10〜15名と致します。

              参加希望の連絡は6月20日まででお願いします。
              キャンセルは22日まで。

              さぁ、みんなで一緒に醸されましょう〜!
              | 食道楽 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              酢飯
              0
                昨日、当店お客さんの

                鮨「いな垣」行って来ました。
                一緒に行ってくれたヨッシーさんありがとうございました!

                「吉祥寺で旨いすし屋って無いよなぁ」
                これ地元では有名な話しなのですが・・・。

                まだオープンして1ヶ月位、お店の売り上げ貢献と、
                お米の具合調査も兼ねての訪問。
                カウンター2回転する盛況振り、すでに常連のお客さんも付いていて
                繁盛してましたね〜。

                つまみ数品とにぎりを注文、
                目の前でマグロのブロックをさばいてくれた赤身!旨かった・・・。
                こはだ、さば、真鯛にカツオ、イカに、赤貝に、穴子に、・・・。
                金目鯛は旨すぎ、最後に出してくれたあさりの味噌汁は絶品!
                あさりデカイし!出汁が絶妙!
                そうそう、卵焼き旨いです。
                (卵もウチで納品してます)

                吉祥寺の旨い鮨屋さんここにあり!


                ここの大将は都内の有名店で修行を積んだそうです、
                だから鋭い目利きが出来るのでしょう、シャリも絶妙でした。
                僕が思うに、酢飯ほど難しいものは無いと思います、
                魚の目利きと鋭い味覚を兼ね揃えていなければ飯は決まらいでしょう、
                酢飯が決まらないと、どんなに良いネタ使っても旨さが失われてしまう。
                マグロのような濃厚な魚と、穴子のようなタンパクな魚にも合わせなければならないし、
                その日のネタによって、鮨酢の配合を変えるそうです、
                流石プロ拍手

                納める側も真剣です。
                米にはかなりのこだわり米を納めさせていただいてます。
                素材のクオリティーって店主の力量で良くも悪くもなりますが、
                その店主の想いに合った素材を提供する事が出来なければ、
                納品する側としては失格だと僕は思ってます、
                お客さんのお店が繁盛する1つの要因に、素材の提案は重要な要素でしょう。

                だから
                店主に「米評判良いよ!」とか「米旨いよ!」と言っていただくと、
                無償の喜びを感じます。

                あのようなシャリに仕上げて、お客さんに提供出きる大将には
                頭が下がる思いです、
                そして、そんなお店に納品できる事は大変有りがたい事です。

                又、足を運びたくなる良いお店でした。
                | 食道楽 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                2年越し・・・焼蛤
                0
                  こないだの日曜。
                  千葉の片貝で1ラウンド。

                  かなりキツイカレンとだったが、波は今年1番のgoodな波。
                  サイズもセット胸くらいと丁度良いサイズ。
                  気候が暖かくなって来た事も有って、人も増えてきたこの季節、
                  波の取り合いが厳しくなるため、どうしてもテンション上がってしまう。
                  でもこの緊張感、たまには良いかも。

                  かなりパドルがきつかったけど、凄く良い波数本乗ったので気分上々。
                  「肩張って来たから上がりますか!」

                  おれ「今何時」
                  友達「10:30」
                  おれ「飯どうする」
                  友達「いさり火行かない?」
                  おれ「あっ!いいねー!!」

                  行っちゃいました!「いさり火」
                  千葉の九十九里では有名なお店、新鮮な魚介類を自分で焼いて楽しめる、店の雰囲気もよく、海も一望出きる。そしてなによりユニークなのが、お店自体が漁船を改造して出来てる為、ちょっとした屋形船気分になれる。お昼時には最低でも30分から1時間待ち。
                  すでに我々は数回からぶってる為、今日は開店時間に行ってみた。

                  入れた!

                  拳ぐらいある天然蛤と赤貝刺、鰯刺、友達らは生ビール、おれはノンアルコール・・・チッ!
                  昼から宴会気分で良い感じになってしまった。。。

                  天然の焼蛤は格別でした。
                  そして今、背中の筋肉張ってます。
                  | 食道楽 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  かもされて。
                  0
                    つい2週間前に仕込みました。

                    炊いた米を水に浸し3日、
                    蒸した米と混ぜ、人肌に冷ます、
                    米麹と蒸し米と乳酸たっぷりの漬けて置いた水に、漬けといた米を混ぜる。

                    あとは、麹菌が醸すのを待つだけ・・・・

                    そして、

                    つ、つ、ついに!!!

                    醸された!微生物の力で作った醗酵飲料!!!

                    ほのかな酸味、麹菌が乳酸菌と酢酸菌とつれてきて、そして醸せるフルーティーな味
                    独特のなんともいえない味、そして体が火照る。

                    米もこだわり、精米も拘ってみたら絶品ができた。


                    これで、醗酵物一通り作ったな。。。

                    あとは鰹節か・・・・

                    フッフッフッ。


                    寺田本家に一緒に行く方、お持ちしますので、電車の中で醸されてください。
                    | 食道楽 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    | 1/1PAGES |